ニキビの原因

ニキビとは皮脂の過剰分泌ので毛穴が詰まり
炎症を起こした状態ですが、原因は様々です。
原因を正しく理解して、正しく対処して、
ニキビを繰り返す負のスパイラルから抜け出しましょう!

原因1:ストレス

人間はストレスを受けると、自律神経の交感神経が優位な状態になります。
この時体内では、男性ホルモン(アンドロゲン)とノルアドレナリンが分泌され、
肌に二つの変化をもたらします。一つが皮脂の増加。もう一つが肌の角化異常です。
角化異常は皮膚を固くしてしまい、毛穴が収縮することで角栓による毛穴詰まりの
原因にもなるのです。そこに皮脂が過剰分泌されニキビが大きくなってしまうのです。
ストレスはうまく発散するなど、適度に付き合っていきましょう。

原因2:ホルモンの乱れ

男性ホルモンには皮脂分泌を促す働きがあり、逆に女性ホルモンのエストロゲンには
皮脂を抑える働き、そして肌本来のバリア機能を強化させる性質があります。
これらのホルモンが理想的なバランスを保っていれば、バリア機能が充分に働く上、
皮脂分泌量もベストの状態を維持できますから、多少の刺激を受けても肌トラブルは
発生しません。トラブルは、基本的にホルモンバランスが崩れた時に起こるものなのです。

原因3:乾燥肌

一般的にはニキビは脂性肌に起こるものと思われがちですが、
実は乾燥によって角質層の水分が失われると、肌のバリア機能が低下してしまいます。
このバリア機能が弱まると、皮膚は大量の皮脂を分泌し、皮脂膜を厚くしていき、
やがてニキビにつながります。
特に男性に多いのが皮脂が多いからといって過剰に洗顔をすることで乾燥肌を招いたり、
逆に皮脂分泌が活発になることです。肌バリアを守る適切なケアが大事ですね。

原因4:毛穴の汚れ

角質層が柔軟性を失い毛穴が角栓で目詰まりを起こしやすくなったところに、
ファンデーションなどのメイクをしっかり落とさないと毛穴が詰まってしまいます。
シャンプーやコンディショナーの流し残しも同様です。
汚れと脂と古い角質が混ざり合った角栓が毛穴に詰まり、
そこにアクネ菌が繁殖して炎症を起こし、結果的にニキビになります。

原因5:細菌の繁殖

ニキビの原因といわれるアクネ菌は本来は常在菌で悪さをするものではありません。
しかし、アクネ菌は皮脂が大好物で、酸素を嫌うため、皮脂の多い毛穴の中が大好きです。
二キビが悪化するのは、角栓によって出口を塞がれた毛穴の中に悪玉アクネ菌が入り込み、
脂質を分解して毒性のある過酸化脂質を生み出してしまうからです。

原因6:睡眠不足

睡眠不足が続くと、肌の再生に必要なターンオーバーが起こりにくくなり、
古い角質がいつまでも肌に残って角質が厚くなってきます。
そして睡眠不足は自律神経の交感神経を刺激するため、男性ホルモンの分泌が増え、
肌バリア機能が失われていきます。
ただ寝ればいいというものではなく、質の良い睡眠が正しい肌の状況を招きます。

これらの原因にすべて対処することはとても重要ですが、なかなか難しいのが現実です。
原因は改善しきれなくても、皮脂腺にアプローチすればニキビは根本改善できます。

繰り返すニキビに悩むなら、東京アクネクリニックまでお気軽にお問合せください。

症例当院で行っているニキビ治療の症例写真をご紹介します。

  • 症例1
  • 症例2
  • 症例3
  • 症例4
  • 症例5
  • 症例6
  • 症例7
  • 症例8
  • 症例9
症例を全て見る

満足度アンケート当院に通院された患者さまの声をご紹介します。

  • 名378

    2017.07.27

    治療後4ヶ月目

    3回目位からニキビが出来なくなってきたのを実感した。

  • 治療後12ヶ月目イメージ

    2017.07.26

    治療後12ヶ月目

    新たなニキビが減りました。ニキビができにくくなりました。

  • 治療後3ヶ月目iイメージ

    2017.07.26

    治療後3ヶ月目

    にきびが出来にくくなった。

  • 治療後6ヶ月目イメージ

    2017.07.26

    治療後6ヶ月目

    ゴロゴロ出来ていたニキビが出来にくくなった。出来たとしても小さくなった。赤みが少し薄くなった。

  • 治療後13ヶ月目イメージ

    2017.07.26

    治療後13ヶ月目

    大きいニキビがたびたびできることが減った。ピーリング後、ニキビ跡が消えるのが早く感じた。

満足度アンケートを全て見る