ニキビの種類

皮脂の過剰分泌のせいで毛穴が詰まり
炎症を起こしたニキビは、様々に変化します。
悪化をふせぐためにも正しくニキビの状態を理解しましょう!

ニキビのでき始め

進行度☆☆☆☆☆ ニキビの原因のページにもあるとおり、改善しにくい様々な原因のため、
皮脂が過剰に分泌され、これが以下のようなニキビに悪化していくのです。

白ニキビ(閉鎖面皰)

進行度★☆☆☆☆ 白ニキビは最も初期段階の状態で、毛穴に詰まった皮脂や老廃物が毛穴の内側から盛り上がった状態で、白くプツっとした吹き出物が出ることです。まだ悪化しておらず炎症は起きていません。 アクネ菌の増殖は始まっていない為、
この段階で治療すれば重症化せずニキビ跡になる心配もありません。

黒ニキビ(開放面皰)

進行度★★☆☆☆ 白ニキビから皮脂が過剰になって毛穴に詰まると、アクネ菌が増殖しはじめます。毛穴に詰まった皮脂は、やがて芯と言われる脂肪の塊となって毛穴を防ぎます。
この状態を放置してしまうと、皮脂が空気に触れて酸化し、黒く目立った吹き出物になり、黒ニキビとなります。 まだニキビの初期段階なので、
この段階で治療すればニキビ跡になる心配もありません。

赤ニキビ(赤色丘疹)

進行度★★★☆☆ 皮脂が大量に分泌されると毛穴が詰まってしまい、毛穴に詰まった皮脂を栄養素としてニキビの原因となるアクネ菌が増殖してしまうのです。
大量に増殖したアクネ菌により皮膚組織が刺激されて炎症を起こした結果が赤ニキビなのです。 赤ニキビを放って置くと、重症化しニキビ跡になるリスクが高まります。
早めに病院で治療を受けましょう。

黄ニキビ(膿疱)

進行度★★★★☆ 黄色く膿を持つ黄色ニキビにまで発展すると、痛みを伴うようになります。
この段階になると、アクネ菌だけでなく、黄色ブドウ球菌までもニキビに入り込んで増殖しているため、炎症が一気に広がってしまいます。 黄ニキビまで悪化すると、重症化しニキビ跡になる恐れがあります。
専門的な治療を受けましょう。

紫ニキビ(嚢腫)

進行度★★★★★ 内部に血と膿が溜まって赤紫色に腫れあがっている紫ニキビは、毛穴の周囲にまで炎症が及び、治療後もニキビ痕が残ってしまうことも多いです。
早めに医療機関に相談しましょう。 一刻も早く専門的な治療を受けましょう。ニキビ跡として残る恐れがあります。

ニキビ跡

ニキビ跡には赤い状態のもの、茶色(紫色)に色素沈着したもの、皮膚の真皮層までダメージを受けてクレーターになるものなど、実に様々です。
跡になってしまうと治療は長期的に根気強く必要です。
ニキビ跡になる前に早めに治療を受けましょう。

これがニキビの根源 コメド!? 無料診断できます。 これがニキビの根源 コメド!? 無料診断できます。

無料カウンセリング予約受付中

まずはお気軽にご相談ください

※当院は保険適用外診療(自由診療)となります。

様々な種類のあるニキビも、皮脂の過剰な分泌が始まりです。
始まりを抑えることでニキビは根本改善が可能です。

繰り返すニキビに悩むなら、東京アクネクリニックまでお気軽にお問合せください。

症例当院で行っているニキビ治療の症例写真をご紹介します。

  • 症例1
  • 症例2
  • 症例3
  • 症例4
  • 症例5
  • 症例6
  • 症例7
  • 症例8
  • 症例9
症例を全て見る