顎にできるニキビの原因と対策について

顎にできるニキビイメージ

大人にできやすい……顎ニキビとホルモンバランスの関係って?

顎にできるニキビは大人ニキビの代表格ともいわれ、悩まされている成人女性が少なくありません。しかも顎にできるニキビは一度できると治りにくく、しこりや痛みをともなうときもあります。さらにひどいときは化膿し、ニキビ跡が残ってしまうことも。そのような事態を避けるために、顎ニキビの原因と予防方法を探ってみましょう。

顎にできるニキビの原因

ホルモンバランスの乱れ

顎は髭が生える場所のため、男性ホルモンの影響を受けやすいといわれています。女性の場合、ホルモンバランスが乱れると男性ホルモンが優位になり、顎ニキビができやすくなるのです。生理前やストレスを抱えているときに顎ニキビができる人は、ホルモンバランスの影響を色濃く受けているといえるでしょう。

カミソリによる刺激

男性は髭剃りが、顎ニキビの原因になることがあります。カミソリなどで肌を強く刺激すると、バリア機能が低下してニキビができやすくなるのです。また、性別に関係なく、洗顔料や汚れのすすぎ残しが顎ニキビを引き起こすこともあります。

顎にニキビができるときの体の不調とは?

顎ニキビにはホルモンバランスが大きく関係しています。顎にニキビが頻繁にできるときは疲労やストレスが蓄積し、ホルモン分泌が正常にできなくなっている可能性があるでしょう。また、睡眠不足や過度のダイエット、体の冷えなどもホルモンバランスが乱れる原因になります。

顎ニキビの予防法

正しい洗顔をする

洗顔はやさしく丁寧に行いましょう。ゴシゴシ強くこすると肌に負担がかかり、かえってニキビの原因となります。顎は自身では目が届きにくいため、ケア不足になりがちです。しっかりと泡立てた洗顔料で顎までやさしく洗い、丁寧にすすぎましょう。また、髭を剃る場合は肌を保護するシェービングジェルを使うことがポイントです。

保湿スキンケアをする

入浴や洗顔後は、乾燥する前に素早く保湿を行います。その際、保湿スキンケアを自身の肌質に合ったものを選ぶのが大切です。例えば乾燥とべたつきをくり返す場合、保湿がしっかりとできておらず、乾燥して過剰に皮脂を分泌している恐れがあります。肌質に合ったスキンケア商品で、見えにくい顎までしっかりと保湿を行いましょう。

生活習慣を見直す

ホルモンバランスが乱れると顎ニキビの原因になりますから、生活習慣を見直して体調を整えることが大切です。十分な睡眠やバランスの良い食事を心がけて、体の内側から顎ニキビを防ぎましょう。さらに体を温めて血行を促すとホルモンバランスが整いやすくなります。入浴や運動、温かい食事などが効果的です。

顎ニキビが治らないときは

顎だけではなく、ニキビは悪化すると治りにくい肌トラブルのひとつです。
なかなかニキビが治らない、何度も繰り返すといった場合にはクリニックを受診しましょう。

ニキビの部位ごとの原因

ニキビの部位ごとの原因と対策について