一般皮膚科と
美容皮膚科の違い

ニキビ治療に行くなら美容皮膚科&一般皮膚科

ニキビができて困っているときに、一般皮膚科に行こうか、それとも美容皮膚科に行こうか、この2つで迷ったことはありませんか?
どちらも同じ皮膚科ではありますが、治療内容は大きく異なります。一般の皮膚科と美容皮膚科でどのような違いがあるのかご紹介いたします。

一般皮膚科と美容皮膚科の違い

美容皮膚科では、ほとんどの診療が保険適用外の自由診療となり、公的医療保険が適用されません。

一般皮膚科では、抗生物質の内服薬や外用薬、ビタミン剤、漢方薬などを用いてニキビ治療をおこないます。ニキビの炎症が治まれば治療は終了で予防治療やニキビができやすい肌そのものの質を向上させるような治療はおこないません。

美容皮膚科では根本的なニキビ改善をおこなっていきます。ケミカルピーリングやレーザー、イオン導入、ビタミンC導入などあらゆる治療法の中から最適なものをチョイスし、ニキビの治療とともに再発予防も取り入れます。

ニキビができて皮膚科に行こうとする人の場合、たった1つのニキビではなく複数個のニキビに悩まされているケースが多いものです。このような人の場合は、肌にニキビができやすい状態に陥っており、今あるニキビを治しただけではまたすぐに繰り返してしまいます。本当にニキビの悩みを解決するためには、ニキビができにくい肌作りをおこなうことが必須なのです。

またそもそも、美容皮膚科と一般皮膚科では治療の目的も異なります。

一般皮膚科では、皮膚の病気や疾患を治療することが目的です。そのため、ニキビの炎症などを抑え、症状を落ち着かせることができます。

美容皮膚科は、肌を美しく若々しくすることを目的としています。 ニキビをしっかり治すためには、ニキビの種類や症状、そして患者さまの肌質に合わせた、適切なニキビ治療を行わなければなりません。ニキビは繰り返しできることが多いため、再発を防ぐには肌質ごと改善する必要があります。さらに、炎症が悪化したことによる赤いニキビ跡や色素沈着を起こした茶ニキビ跡はもちろん、自力では改善できない凹凸のクレーターニキビ跡などの治療も可能です。ケミカルピーリングやレーザーなどいろいろな方法があり、より美しい肌を手に入れることができます。

治ったと思っても、またすぐに繰り返すニキビ。セルフケアや塗り薬のみでの治療を続けていると、思わぬことから悪化したり、ニキビ跡になってしまったりすることもあります。

しっかりとニキビを完治させ、さらに新しいニキビを作らないようにするためには、美容皮膚科での治療が適しているといえます。美容皮膚科でニキビ治療を行うことで、肌のキメが整ったり毛穴が目立たなくなったりといううれしい副産物もゲットできます。

ニキビにお困りの方は、ぜひ美容皮膚科を受診してみてくださいね。

症例当院で行っているニキビ治療の症例写真をご紹介します。

  • 症例1(治療前)
  • 症例1(治療後)
  • 症例2(治療前)
  • 症例2(治療後)
  • 症例3(治療前)
  • 症例3(治療後)
  • 症例4(治療前)
  • 症例4(治療後)
  • 症例5(治療前)
  • 症例5(治療後)
  • 症例6(治療前)
  • 症例6(治療後)
  • 症例7(治療前)
  • 症例7(治療後)
症例を全て見る