日焼け止め

「日焼け止めを塗るとニキビができる」と聞いたことがありませんか?それが本当だとすると、何故、日焼け止めを塗るとニキビができるのでしょうか。
日焼け止めとニキビの関係や、正しい日焼け止めの選び方をご紹介します。

 

日焼け止めでニキビができる!?その理由と日焼け止めの選び方

日焼け止めがニキビを引き起こす?その理由とは

日焼け止めをはじめとするUVケア製品は、選び方次第ではニキビやシミといった肌トラブルの原因となる可能性があります。
その理由は、UVケア製品に含まれる「紫外線吸収剤」です。この成分は、紫外線を吸収するいわば日焼け止めの“キモ”ともいえるものですが、強い効果がある分だけ肌への負担も大きく、肌の酸化を促進させてしまうことがあるのです。肌が酸化すると、ニキビなどの肌トラブルが起こりやすくなります。

■日焼け止めの油分がニキビを悪化させることも

ニキビの原因菌であるアクネ菌は、油脂分を養分として増殖します。そのため、油分を多く含む日焼け止めを肌に塗ることによって 、アクネ菌による炎症が起こりやすくなり、ニキビが悪化してしまうことがあります。

■日焼け止めの肌残りもニキビの一因

汗をかきやすい季節に重宝する、水や汗で落ちにくいウォータープルーフの日焼け止め。しかし、落ちにくいということは、洗い残しやすいということでもあります。
洗顔で落としきれなかった日焼け止めは、毛穴に詰まってニキビを引き起こしたり、肌を酸化させたりする原因にもなります。

日焼け止めよりも紫外線の方がニキビには悪影響

ニキビを引き起こす可能性があるなら、日焼け止めは塗らない方がいいのかというと、そうではありません。紫外線はニキビの天敵ともいえる存在です。紫外線対策はニキビケアには必要不可欠です。
アクネ菌が分泌する「コプロポルフィリン」という物質に紫外線が当たると、活性酸素が発生します。この活性酸素が、ニキビの原因となったり、ニキビを悪化させて長引かせたりするのです。

■UV-AとUV-B

いくつかある紫外線の波長の中でもニキビ肌の大敵とされるのはA波(UV-A)とB波(UV-B)です。
UV-Aは、真皮のコラーゲンを破壊したりシワを作ったりするなど、肌の老化を促進するため、ニキビ肌がUV-Aを浴びることで、活性酸素が発生して炎症が悪化したり、肌の代謝が阻害され、ニキビが長引いたりするといわれています。
UV-Bは、肌表面を乾燥させてバリア機能の低下を招き、炎症が起こりやすい状態を作るものです。また、色素沈着を引き起こし、ニキビ跡を濃くしてしまうこともあります。UV-Bによるダメージを修復するために作られる固い角質細胞が皮脂の出口をふさいで、ニキビを引き起こすケースもあるようです。

ニキビ肌にも使いやすい日焼け止めの選び方

ニキビ肌の紫外線対策は、紫外線から肌をしっかりガードしつつ、できるだけニキビに悪影響を与えないことが大切です。ニキビ肌用の日焼け止めを選ぶ時にチェックしたい、主なポイントをまとめました。

(1)紫外線吸収剤を含まないものを選ぶ
紫外線吸収剤は、肌の酸化を招いてニキビの原因となることがある成分です。また、まれにかゆみや赤みを引き起こすケースもあります。「ノンケミカル」「ケミカルフリー」などの表示があるものを選びましょう。

(2)油分を含まないものを選ぶ
日焼け止めに含まれる油分がアクネ菌の増殖を促し、ニキビを悪化させることがあります。そのため、油分が含まれていない「オイルフリー」表示のものや、アクネ菌が養分としにくい油分だけを使用した「ノンコメドジェニック」表示のニキビ用日焼け止めを選ぶと良いでしょう 。

(3)
最近、主流になってきているのが「飲む日焼け止め」です。錠剤やカプセルになっており『日焼けを軽減する働き』や『メラニンを抑制する働き』・『肌の酸化を防ぐ働き』効果があり、1日に1回飲むだけで良いところにも人気が集まっています。これなら肌に負担をかけず紫外線対策ができるのです。選ぶ際は様々な種類があるので、しっかり成分を確認しましょう。

また、肌への負担をできるだけ軽くするという意味では、配合成分がシンプルなものを選ぶのがベターです。香料や着色料、アルコールなど、UVカット効果には直接影響しない成分が入っていないものを選ぶことをおすすめします。

■SPFとPA

日焼け止めの効果を表す表示に、SPFとPAがあります。
SPFは“Sun Protection Factor”の略で、数値の大きさがUV-Bの予防効果を示し、PAは“Protection Grade of UVA”の略で、+の数でUV-Aに対する防御効果の大きさを表します。
数値や+の数が多いほど紫外線を防ぐ効果は大きい一方で、肌への刺激も増すため、日常生活の中で使用するなら、効果と肌への影響の両方を考え、SPF15~SPF30/PA+~PA++の範囲で選ぶといいでしょう。

まとめ

ニキビ肌の大敵である紫外線から肌を守ってくれる日焼け止め。しかし、ニキビ肌に適さない日焼け止めを使ったり、使った後の洗顔を怠ったりすると、ニキビの原因になってしまうこともあります。肌への負担が少ない日焼け止めを選んで、しっかりと紫外線対策をしましょう!

東京アクネクリニック:何度も繰り返すニキビ、原因は皮脂腺にありました。

関連コンテンツ

ニキビのお悩みQ&A

ニキビの症状は人によって様々。ここでは多くニキビに悩む方のQ&Aを集めました。

東京アクネクリニック:あなたのニキビはどの状態?放っておくと、取り返しのつかないニキビ跡に!?今すぐチェック!
pagetop