吹き出物の原因とニキビとの違いを教えてください。

A.Mさん(女性 20代)

お肌のトラブルには色々ありますね。乾燥やしわ、シミなども気になりますし、ニキビや吹き出物などもできるとがっかりしてしまいます。

それでは、皆さんはニキビと吹き出物の違い、どんな風に認識していますでしょうか。「えっ、そう言われてみれば、どこか違うのかな?」と思う方がおそらくほとんどではないかと思います。

吹き出物とニキビの違いとは?

まずニキビという言葉についてお話ししましょう。

「ニキビ」とは本来的にはいわゆる「青春のシンボル」と呼ばれるように、思春期にできるものをいいます。思春期にはご経験があるように、男女ともに第二次性徴と呼ばれる様々な身体の変化が目まぐるしく起こり、子供から大人へと精神的、肉体的に大きな変化を遂げる時です。

この際に身体の中でホルモンの変化も起こることから、皮脂の分泌が過剰になり、おでこや頬などに顔を出すのがニキビです。特に男性に多く分泌される男性ホルモンは皮脂の分泌を強く促す作用があります。

10代後半には次々にできるニキビに悩まれる方も多いですが、この時期が過ぎると男性ホルモンの量も安定し、皮脂の過剰分泌が収まり、ニキビもきれいに姿を消す方も多いように思います。

悩みが尽きない「大人ニキビ」の原因は?

ただ、思春期が終わって成人しても、また「ニキビ」のようなぶつぶつや赤みなどに悩まされる方がいらっしゃいます。これは最近では、「大人ニキビ」などと呼ばれることが多いようですね。

こういった20歳以上の方に起こるニキビの多くは、食生活の乱れや睡眠不足、仕事や勉強、人間関係でのストレスなどによってホルモンバランスなどが乱れ、皮脂の過剰分泌が起こったり、肌の乾燥などが起こったことに由来するものです。

そのため、原因や対処法などが思春期にできる本来の「ニキビ」とは異なり、元々はこの「大人ニキビ」は「吹き出物」と呼ばれていました。ただ、「吹き出物」というとなんとなく、清潔感にかける感じがありますし、よりマイルドな語感を持つ言葉として「大人ニキビ」という表現が出てきたものと思われます。

原因が多岐に渡る、大人ニキビの改善法は?

思春期にできるニキビの原因は、前述のように身体の成長に伴うホルモンの分泌による一時的な皮脂の過剰な分泌ですが、吹き出物(大人ニキビ)の原因は多岐に渡ります。

もう20歳をとっくに過ぎたけれど、やっぱり吹き出物に悩まされている、という方は、やはり生活習慣を見直すことが大切と考えられます。

生活習慣を見直す、といっても範囲が広すぎて、どこから見直していいかわからない、という方はまずは基本に立ち返って、洗顔と保湿をきちんと行うことから始めてみてはいかがでしょう。皮脂をとりすぎる洗顔はむしろ吹き出物には良くないことがありますから、きちんと肌の潤いを残してくれるマイルドな洗顔料をしっかり泡立てて洗顔し、しっかりゆすぐ所から始めましょう。

それから、肌の新陳代謝を正常に保つためにも保湿はしっかり行いましょう。吹き出物に悩む方は、どうしてもさっぱりした化粧水を好まれる傾向があるように思いますが、さっぱりしすぎるものは保湿効果もあまり高くないこともありますから、デリケート肌に適した、保湿効果がある程度期待できるものを使うようにすると良いでしょう。

また、食生活も気軽に見直せる部分の一つ。やはりファストフードや揚げ物、極端に甘いものなどに偏った食生活はお肌にも良くありません。忙しい毎日の中で、完璧に食生活を整えることは本当に難しいことですが、でも例えば、吹き出物に良いとされるビタミンB群、ビタミンCなどを摂取するために、豚肉や緑黄色野菜、果物といった食材を意識してメニューに取り入れるといった形でも効果が期待できます。

少しずつの心がけでも、積み重なることで大きな効果が期待できますし、今後吹き出物ができにくくなる効果もありますからすぐには変化がなくても気長に続けていきましょう。

関連するお悩みQ&A

東京アクネクリニック:何度も繰り返すニキビ、原因は皮脂腺にありました。
東京アクネクリニック:あなたのニキビはどの状態?放っておくと、取り返しのつかないニキビ跡に!?今すぐチェック!
pagetop