眉間のニキビの原因と対策【医師監修】

気付くと眉間に赤いニキビがぽつっとできていて、触ると痛いし、何より目立つ・・・。
眉間はTゾーンにあたり皮脂も多く、また様々な刺激で肌が痛みやすく、ニキビができる方も多い場所です。
ここでは、眉間特有のニキビになりやすい原因と対策について解説していきます。

 

メイクも台無し! なんとかしたい眉間のニキビの原因と治療法

そもそもニキビってどうやってできるの?

ニキビというと10代や若い人に多い印象がありますが、実は大人になってからニキビができる方も多くいるのです。
そもそもニキビというのは、皮膚の表面にある毛根が皮脂で詰まってしまうことで発生します。毛根が詰まる原因は肌への刺激やダメージにより新陳代謝がうまく行われず異常な角質ができてしまうことが挙げられます。

そのような異常な角質が表面にある肌では毛根の出口が狭くなってしまい、毛根の中にある皮脂腺から分泌された皮脂がうまく排泄されず詰まって、白いニキビが作られます。この皮脂に菌が繁殖すると、赤く腫れ、痛みや膿を伴います。このような状態ではニキビが周囲の正常な皮膚を破壊して広がろうとするので、ニキビの跡が残ってしまう可能性があります。

眉間のニキビ特有の原因とは?

では何故、このTゾーンにはニキビができやすいのでしょうか。
それは、冒頭でも触れましたが、眉間は皮脂が多く、様々な刺激を受けやすい場所だからということになります。

具体的には、顔の凹凸している部分のため、ファンデーションなどの化粧品を洗い残しやすい場所であるということです。また、髪の毛により擦れる刺激や整髪料などによる刺激、また紫外線の刺激など様々な刺激が重なる場所なのです。
そのため、肌自体が痛みやすく、ニキビができやすい場所と言われているのです。さらにストレスや睡眠不足などが加わると、皮膚の新陳代謝が低下してニキビができやすくなります。

自分でできるケア・予防は肌の清潔を保つこと!

ニキビは皮脂の詰まりにより起こっていると聞くと一生懸命洗ってしまう方もいるのですが、洗い過ぎは肌へのダメージとなったり、失われた皮脂を補おうと皮脂腺が活発になるため、皮脂の分泌が増えてしまったりすることもあります。

まず、どのニキビにも基本的に共通することではありますが、泡立てた洗顔料で優しく1日2回程度洗ってください。また、その際にあまりに熱いお湯で洗うと肌を痛める原因になりますので、ぬるま湯で優しく洗うようにしましょう。
毛穴が気になる方は、洗う前に蒸しタオルなどで少し蒸らすことで、毛穴が開いて汚れが落ちやすくなります。洗顔後は保湿に努め、乾燥などのダメージを受けにくくすることも大切です。

残念ながらニキビができてしまったら、その部分のお化粧はできるだけ避けて、また髪型も眉間の所にかからないよう調節しましょう。気になるからといって、触ることで感染を起こしたり、感染を広げてしまったりすることもあるため、極力触らないようにしましょう。

ニキビで皮膚科受診は大げさではない!

まずは市販の傷薬やニキビ用の薬を試してみても良いでしょう。ただ、赤くなってしまったり、大きくなってきたりするようであれば、跡が残る前に皮膚科を受診しましょう。

医師が処方する薬としては、

  • ・アクネ菌に対する対策としての抗生物質
  • ・皮膚の乾燥を防ぎバリア機能を高める保湿剤

などが必要に応じて用いられます。

跡が残ってしまった場合には美容皮膚科などでピーリングやレーザー治療をすることもあります。

【医師監修】東京アクネクリニック 朝本院長

まとめ

眉間は様々な刺激を受けやすく肌が痛みやすい場所です。また、Tゾーンに当たるため、皮脂の分泌も多く、それによりニキビができやすい場所となっています。
ニキビができてしまった方は、極力刺激を避けて、保湿剤などを用いてバリア機能を高めながら、生活習慣を見直してみましょう。赤みを伴うようであれば、大きなニキビとなって跡を残してしまう前に医療機関での治療も検討してみてください。

東京アクネクリニック:何度も繰り返すニキビ、原因は皮脂腺にありました。
東京アクネクリニック:あなたのニキビはどの状態?放っておくと、取り返しのつかないニキビ跡に!?今すぐチェック!
pagetop