頬のニキビの原因と対策【医師監修】

頬のニキビは意外としつこく繰り返すことが多いですね。また、目立つ場所なので気になってしまいます。繰り返した場合には、頬にクレーター状にニキビの後がたくさん残ってしまうことにも・・・。
頬にばかりニキビができてしまうようであれば、頬のニキビ特有のニキビになりやすい原因にあてはまっているのかもしれません。原因を理解して、適切な対処・処方を施すことが完治への近道となりますので、まずは、なぜ頰にニキビができるのか、という部分をしっかりと理解していきましょう。

 

頬にできるニキビの原因と治療法とは?

ニキビができてしまう原因とは一体何?

ニキビができる原因には、様々な要因が考えられますが、そもそもニキビというのは、「毛穴の詰まり」が原因でできてしまうのです。皮脂は皮脂腺というところから分泌されるのですが、肌の状態が良くないと、肌を守るために皮脂が通常より多く分泌されます。また、男性ホルモンによる皮脂分泌の増加も関与していることが分かっています。

初めは白いニキビですが、そこにアクネ菌が繁殖し、赤くはれたニキビや黄色い膿を持ったニキビとなります。この状態を放置していたり、適切な対処ができていなかったりすると、ニキビの痛みや赤みが引いた後も、クレーター状に跡が残ってしまうことがあります。

頬のニキビの原因とは?

頬は、通常よりも皮脂が少ないUゾーンに当たります。皮脂が少ないため傷が付やすい場所でもあります。そして、頬は洗いすぎによる影響、洗顔料や化粧品の洗い忘れなどといった皮膚へのダメージを及ぼす原因が様々重なる部位です。それにより皮膚へのダメージが刺激となって、ニキビができやすくなります。また、一度できた吹き出物を隠そうと、あえて髪を寄せたりすると、それが擦れる刺激でますます悪化してしまうことにもなります。

ストレスやビタミン不足も原因の一つとなりますし、男性のみならず、女性でも生理前は男性ホルモンの影響を受けやすくなっていますのでその時期にニキビができ始めたり悪化したりするケースが見られます。

自分でできるお肌のケア方法は?

まずは、ニキビ発生の原因になる肌へのダメージを取り除くことと、乾燥している場合は、しっかりと保湿し、肌を健やかに保つようにしてみましょう。

洗顔方法としては、洗顔料をしっかり泡立て、1日2回程度洗うと良いでしょう。洗い流す時は、ぬるま湯でやさしく洗い流すようにしましょう。熱いお湯で洗い流すと、これも肌にダメージを与える原因にもなりますので、なるべくぬるめのお湯で落とすようにしましょう。
汚れを落とそう、キレイにしようとしてゴシゴシと強く洗うことはかえって逆効果となり、必要な皮脂まで削ぎ落としてしまい、肌へのダメージを大きくしてしまう可能性があります。洗顔の際は焦らず優しく洗うことが大切です。

洗顔後はタオルで拭くのではなく、軽く押し当てて水気を取りましょう。その後、化粧水や乳液などを使用し保湿に努めて、肌への傷やダメージを起こしにくくします。
頬のニキビを隠そうと厚化粧をするのはかえって逆効果ですので、どうしても隠したい場合でも軽く隠す程度にし、帰宅後にはすぐに丁寧に洗顔して化粧成分を落とすようにしましょう。

薬による治療とは?

薬局で購入できる市販のものだと、保湿剤、新陳代謝を高める作用のある薬などが挙げられます。
医師が処方する薬としては、アクネ菌に対する対策としての抗生物質や保湿剤、また、近年2種の薬が保険適用になりましたので、これらが処方される治療薬になります。

新たに保険適用になった薬の1つはアダパレン(ディフェリン)という外用薬で、皮膚の新陳代謝を高め毛穴の詰まりを防ぐ薬です。もう1つは、「過酸化ベンゾイル」という塗り薬で、毛穴を開く作用や、殺菌作用もあります。

【医師監修】東京アクネクリニック 朝本院長

まとめ

頬のニキビは目立つところですので、一度できるととても気になりますよね。泡立てた石鹸で優しく洗う、洗いすぎない、保湿剤や乳液などを用いるなどに気を付けて肌を正常に保つ努力をすることで、皮膚へのダメージを抑えましょう。
もし赤くなったり痛みを伴うニキビになってしまうようでしたら、繰り返したり、大きなニキビとなって跡を残してしまう前に医療機関を受診して治療を行ってください。

東京アクネクリニック:何度も繰り返すニキビ、原因は皮脂腺にありました。
東京アクネクリニック:あなたのニキビはどの状態?放っておくと、取り返しのつかないニキビ跡に!?今すぐチェック!
pagetop