顎のニキビの原因と対策【医師監修】

顎のニキビは意外としつこく繰り返すことが多いですね。また、目立つ場所なので気になってしまいます。もし顎にばかりニキビができてしまうようでしたら、顎ニキビ特有のニキビになりやすい原因に当てはまっているのかもしれません。
原因を把握して、そこに気を付けて対策を行うことで、顎ニキビを撃退しましょう。また、なってしまった方はどうすれば良いのか、生活でできる工夫と病院での治療について解説します。

 

ついつい触ってしまう顎のニキビ!原因と治療法は?

顎ニキビは男性ホルモンの増加でできる?

ニキビというと10代の若い方に多い印象がありますが、大人になって治る方もいれば、逆に大人になってからニキビが出やすくなってしまう方もいらっしゃいます。そもそもニキビというのは、皮膚の表面にある毛根が皮脂で詰まってしまうことで発生します。
皮脂は皮脂腺から分泌されるのですが、肌がダメージを受けたり乾燥していると肌を守るために皮脂が通常より多く分泌されます。

また、主に青年時代のニキビの原因となるのが男性ホルモンによる皮脂分泌の増加です。そして顎ニキビでは男性ホルモンによる影響を受けやすいとされています。そこに、アクネ菌が繁殖すると、赤くはれたニキビとなります。ひどくなると、ニキビが治る時にでこぼこの跡を残してしまいます。

顎は意外とデリケート?顎ニキビの原因となる刺激とは?

顎は、通常よりも皮脂が少ないUゾーンに当たります。皮脂が少ないと傷がつきやすくなっています。そして、顎は

  • ・カミソリによる刺激
  • ・洗いすぎによる影響
  • ・洗顔料や化粧品の洗い忘れ

などといった皮膚へのダメージを及ぼす原因が様々重なる部位です。それにより皮膚へのダメージが刺激となって、ニキビができやすくなります。

また、顎は男性ホルモンの影響を受けやすい部位とされています。女性でも、生理前は男性ホルモンの影響を受けやすくなっていますのでその時期にニキビができ始めたり悪化することがみられます。また月経前症候群(PMS)などがひどい方ですと強いストレスにさらされるため、顎ニキビを起こしやすい時期です。

自分でできるケア・予防法は?

まず、肌へのダメージ、乾燥を防ぎましょう。
具体的には、化粧水や乳液などを洗顔後に使用し保湿に努めて、肌への傷やダメージを起こしにくくしましょう。

また、特に月経前などの男性ホルモンの影響を受けやすい時期には、

  • ・睡眠不足を避ける
  • ・リラックス時間を作ることなどにより新陳代謝を維持する

などを意識しましょう。

ニキビは皮脂のつまりにより起こっていると聞くと、一生懸命洗われる方もいるのですが、極端に洗うと肌の乾燥を助長してしまうので逆効果です。泡立てた石鹸で優しく1日2回程度洗ってください。また、その際にあまり熱いお湯を使うと肌を痛める原因になりますので、ぬるま湯で優しく洗うようにしましょう。

薬による治療

医師が処方する薬としては、アクネ菌に対する対策としての抗生物質、皮膚の乾燥を防ぎバリア機能を高める保湿剤などの他、近年新たに以下の2種類の薬が保険で使えるようになりました。

アダパレン(「ディフェリン」)の外用薬
皮膚の新陳代謝を高めることで毛穴が詰まるのを防ぐものです。最初の数週間ヒリヒリ感や赤みを感じる方が多くみられますが、徐々に改善することが多いです。ただ、この薬はアクネ菌を殺す作用はありませんので、感染を伴っている場合には抗菌薬(飲み薬・塗り薬)が併用されることが多いです。

過酸化ベンゾイルの塗り薬
殺菌作用と毛穴を開く両方の作用があります。こちらも夜寝る前に洗顔後に用い、頻度は少なくなりますが、ヒリヒリ感などの副作用が見られる方がいらっしゃいます。

【医師監修】東京アクネクリニック 朝本院長

まとめ

顎ニキビは男性ホルモンの影響を受ける生理前にできやすく、乾燥など皮膚のダメージにより起こることが多くみられます。泡立てた石鹸で優しく洗う、洗いすぎない、保湿剤や乳液などを用いるなどに気を付けて肌を正常に保つ努力をすることで、皮膚へのダメージを抑えましょう。

もし赤くなったり痛みを伴うニキビになってしまうようでしたら、繰り返したり、大きなニキビとなって跡を残してしまう前に、医療機関を受診して投薬などの治療をご検討ください。

東京アクネクリニック:何度も繰り返すニキビ、原因は皮脂腺にありました。
東京アクネクリニック:あなたのニキビはどの状態?放っておくと、取り返しのつかないニキビ跡に!?今すぐチェック!
pagetop