首のニキビの原因と対策【医師監修】

首筋を触ってみると痛いニキビができている! そんな経験をされたことのある方も多いのではないでしょうか。首のニキビは20代を過ぎてから起こることでも有名で、「大人ニキビ」とも呼ばれています。もし、首に何度もニキビを繰り返してしまうようであれば、ニキビができやすくなってしまう原因があるはずです。原因を把握して、そこに気を付けて対策を行うことで、首のニキビとお別れしましょう。また、なってしまった方はどのように対処すれば良いのか、また、病院での治療についてもお伝えします。

 

ちょっと気になる首のニキビ。首にニキビができる原因と治療法について

ニキビができる原因は「毛穴の詰まり」にあった!

ニキビは、毛根が皮脂で詰まってしまうことが原因で発生します。その後、その詰まった毛根に、皮脂が大好きなアクネ菌が繁殖することで、赤く腫れたニキビとなります。ひどくなると、じっとしていても痛くなってしまいます。

では、なぜ皮脂が詰まってしまうのでしょうか?その原因は大きく2つあります。

1つ目は皮脂の過剰な分泌です。皮脂は毛根の脇にある皮脂腺から分泌されるのですが、肌が痛んでいたり、様々な刺激にさらされていたりすると、肌を守ろうと通常より多く分泌されます。また、ストレスによるホルモンの乱れや、生理前なども皮脂分泌が増える原因とされています。

2つ目は新陳代謝の低下です。ストレスや寝不足、偏った食生活などにより新陳代謝が低下することが、毛根が詰まる原因となってニキビの原因となっています。

首のニキビの原因は?

首、特に後ろ側の生え際の付近は頭を洗うときに、シャンプーやコンディショナーが洗い流れずに残ってしまいやすい場所になります。逆に首の前側やあごの下付近は、顔を洗うときにも洗顔料がついてしまって、そのあと流し損ねることが多い場所です。

また、熱すぎるお湯で頭を洗ったり、ドライヤーの熱風が首に直接あたることなども皮膚にダメージを与えたり、皮膚の乾燥につながり、バリア機能を低下させてしまう原因の1つとなります。

こめかみのニキビは特に10代から20代前半に多く、皮脂が多いことも原因の1つです。 また、紫外線やストレス、寝不足、ビタミン不足などもニキビを引き起こす原因となります。

脱・ニキビ肌! ケア方法や、予防法は?

まず、首の皮膚へのダメージを防ぐとともに、きちんと余分な皮脂と汚れを洗い流し清潔に保つようにしましょう。1日1回泡立てた石鹸で優しく洗いましょう。そしてすすぎにしっかり時間をかけるようにしましょう。あまり熱いお湯は皮脂を取りすぎてしまうので、ぬるめのお湯を使うようにしましょう。また、睡眠不足を避ける、リラックス時間を作ることなどにより新陳代謝を下げないように気をつけることが重要です。

一度できてしまった時にとても大切なことは、気になってしまってもとにかく触らないことです。触る刺激で治りが遅れるだけでなく、感染を起こしたり、感染を他の場所に広げたりしてしまう原因となります。

ニキビ治療の薬について

アクネ菌に対する対策としての抗生物質、皮膚の乾燥を防ぎバリア機能を高める保湿剤、などの他、新陳代謝を高める薬が用いられます。薬局で市販されている薬もありますが、悪化傾向にあるようでしたら、跡を残す前に皮膚科に受診されることをお勧めします。

また、医師の処方せんが必要な薬ではありますが、近年比較的ニキビに対する効果が高いとされる皮膚の新陳代謝を高めるアダパレン(ディフェリンという薬が認可されました。
もしクレーター状のニキビ跡ができてしまったら、自己流のケアではもう治すことは出来ません。

ピーリングやレーザー治療など美容皮膚科での治療も検討されますので、まずは医師とご相談ください。

【医師監修】東京アクネクリニック 朝本院長

まとめ

首のニキビは、凹凸のせいでうまく洗えていなかったり、後ろではシャンプーやコンディショナー、また前では洗顔料がきちんと流せていなかったりすることも原因の一つとなります。残念ながらなってしまった場合には、なにより触らないことが大切です。
もし赤くなったり痛みを伴ったりして大きくなってくるようでしたら、早めに医療機関を受診して治療をご検討ください。

東京アクネクリニック:何度も繰り返すニキビ、原因は皮脂腺にありました。
東京アクネクリニック:あなたのニキビはどの状態?放っておくと、取り返しのつかないニキビ跡に!?今すぐチェック!
pagetop