鼻のニキビの原因と対策【医師監修】

鼻や鼻の脇にニキビができた場合、痛みを伴って赤く腫れてしまったり、なかなか治りが悪い場所なので気になってしまいますね。もし、あなたが鼻のまわりにばかりニキビができてしまうようでしたら、鼻のニキビになりやすい原因にあてはまっているのかもしれません。
原因を把握して、そこに気を付けて対策を行うことで、鼻のニキビを撃退しましょう。また、なってしまった方はどうすればいいのか、生活でできる工夫と病院での治療についても解説していきます。

 

ついつい触ってしまう鼻ニキビの原因と治療法は?

ニキビはどうやってできるの?

ニキビというのは、皮膚の表面にある毛根が皮脂で詰まってしまうことで発生します。その原因としては大きく皮脂の過剰分泌と、新陳代謝の低下に分かれます。

皮脂は皮脂腺から分泌されるのですが、肌がダメージを受けたり乾燥していると肌を守るために通常より多く分泌されて詰まりやすくなります。また、皮脂分泌はホルモンに大きく影響されるため、ストレスによるホルモンの乱れや、生理前などにはニキビができやすくなります。また、新陳代謝には適切な栄養と睡眠が欠かせません。
この詰まった毛根に、皮脂が大好きなアクネ菌が繁殖することで、赤くはれたニキビとなります。ひどくなると、ニキビが治る時にでこぼこの痕を残してしまいます。

鼻ニキビの原因は?

鼻やそのまわりはとても皮脂の分泌量が多い部位となります。癖で小鼻のあたりを触りがちな方は、その刺激がニキビを起こす原因となります。
また、凹凸のある場所ですので、そこだけ洗い残されたり、ファンデーションなどが落ち切らなかったり、逆に洗顔料がくぼみに残ってしまったりしやすい場所となります。
それにより皮膚がダメージを受けると、ますますニキビが出やすくなります。ついつい掻いたり触ったりする癖のある方は、できれば控えるようにしましょう。

自宅でできるケア&予防が知りたい!

まず、肌へのダメージを防ぎましょう。

  • ・化粧水や乳液などを洗顔後に使用し保湿する
    皮脂が多めの場所ですが、肌への傷やダメージを起こしにくくして、皮脂を出さないようにしましょう。
  • ・ぬるま湯で1日2回程度、泡立てた石鹸で洗う。
    熱いお湯での洗顔や頻回の洗顔もダメージになります。
  • ・睡眠不足を避け、リラックス時間を作る。
    生活リズムを整えることで新陳代謝を維持しましょう。

一度できてしまった時にとても大切なことは、とにかく触らないことです。触る刺激で治りが遅れるだけでなく、感染を起こしたり、感染をほかの場所に広げてしまう原因となります。
また、隠そうとファンデーションを厚塗りすることは治癒を遅らせる原因となりますのでほどほどにして、きちんと洗い流すようにしましょう。

なかなか治らない場合は薬に頼ったほうがいい?

アクネ菌に対する対策としての抗生物質、皮膚の乾燥を防ぎバリア機能を高める保湿剤、などの他、新陳代謝を高める薬が有効です。
近年、医師の処方箋が必要な薬ですが、比較的ニキビに対する効果が高いとされる2種類の薬が認可されました。

・アダパレン(ディフェリン)

外用薬で、皮膚の新陳代謝を高めることで毛穴が詰まるのを防ぐものです。最初の数週間ヒリヒリ感や赤みを感じる方が多くみられますが、徐々に改善することが多いです。ただ、この薬はアクネ菌を殺す作用はありませんので、感染を伴っている場合には抗菌薬(飲み薬・塗り薬)が併用されることが多いです。

・過酸化ベンゾイル

塗り薬で、殺菌作用と毛穴を開く両方の作用があります。こちらも夜寝る前に洗顔後に用い、頻度は少なくなりますがヒリヒリ感などの副作用が見られる方がいらっしゃいます。
その他にもニキビに対する治療効果の高い薬には様々なものがあります。

薬の効果は個人差が大きく、場合によっては薬以外の治療を受けた方が治りの早い場合もありますので、まずは医師の診断を受けましょう。

【医師監修】東京アクネクリニック 朝本院長

まとめ

鼻の周囲のニキビはなにより触らないことが大切です。また、
・泡立てた石鹸で優しく洗う
・洗いすぎない
・保湿剤や乳液などを用いる
などに気を付けて肌を正常に保つ努力をすることで、皮膚へのダメージを抑えましょう。

もし赤くなったり痛みを伴うニキビになってしまうようでしたら、大きなニキビとなって跡を残してしまう前に、医療機関を受診して投薬などの治療をご検討ください。

東京アクネクリニック:何度も繰り返すニキビ、原因は皮脂腺にありました。
東京アクネクリニック:あなたのニキビはどの状態?放っておくと、取り返しのつかないニキビ跡に!?今すぐチェック!
pagetop