白ニキビの原因と対策【医師監修】

ニキビは青春のシンボルといいますが、成人してからもたまにひょっこり顔を出してしま うものです。普段からスキンケアをしてお肌の健康を保っていても、ある日突然出来てしまうニキビ。
これでは自慢の美肌も台無しですよね。ニキビの原因やでき方は様々ですが、今回はニキ ビの中でも特に、白ニキビについて解説します。

 

できてしまった白ニキビの原因と治療法は?

白ニキビができる原因

白ニキビとは、ニキビが出来始めた時によく見られる、毛穴に白くお肌の角質が詰まった状態です。白ニキビは、赤くなったり、黒くなったりはしていない、まだ出来立ての若いニキビです。

化膿していたり、炎症を起こしたりもしていないので痛みも通常伴わず、栄養バランスが乱れたり、女性なら生理周期によって出現し、比較的すぐ治ってしまうことも多いものです。

この毛穴に角質が入り込んでしまっていることで、表面がふさがり、本来は体外にスムーズに排泄されるべき皮脂が毛穴の途中で詰まって膨らんでいるものがいわゆる白ニキビ、閉鎖面皰(へいさめんぽう)と呼ばれるものです。

白ニキビが出来る原因は皮脂や角質が取れていないため?

先述のように、白ニキビは主に角質が毛穴に詰まることでできるものですが、毛穴に詰まるものは角質だけとは限りません。

例えば、洗顔が不十分な場合などに皮脂が詰まることもあり、洗髪や洗顔の際にすすぎが足りないと顔に化粧品や、洗浄剤の成分が残って白ニキビの原因となることもあるのです。

また、油ものの食べ過ぎやホルモンの作用、肌の乾燥などで皮脂の分泌が増えた場合も、毛穴に皮脂が詰まりやすくなります。

白ニキビのうちに対策を!

お肌に白ニキビを見つけたら、まずするべきことは自分の最近の生活を見直してみることです。
特に、「今まではあまりニキビなんてできなかったのに…」という方の場合、近頃の生活の変化に原因が隠れていることがあります。

  • ・外食が増えて栄養バランスが偏っている
  • ・生活時間が不規則になっている
  • ・ファンデーションや洗顔石鹸を変えた

ということはありませんか?
それから意外と見逃されがちなのが、お肌の乾燥。お肌が乾燥すると、皮脂の分泌は盛んになります。保湿ケアは十分か、今一度確認してみましょう。

皮膚科で可能な治療法の内容は?

生活習慣に思い当たることがない、あるいは気をつけても白ニキビの治りが悪い場合、やはり皮膚科を受診して治療を受けることを考えましょう。

皮膚科で行われる白ニキビに対する処置のうち、最もシンプルなものが「面皰圧出」と呼ばれるものです。白ニキビに小さな穴をあけて、専用の器具で中に詰まっているものをとりだす、という手技になります。

健康保険も使えますし、有効な手技ですが、あまりにもたくさんの白ニキビを一度に処理するということは出来ませんし、今後出来ないようにする効果もありません。

また、お薬を用いた治療の場合、ケミカルピーリングといって、お肌にフルーツ酸と呼ばれる薬剤を塗ることでいらない角質や、毛穴に詰まった老廃物を取り除く手技も行われることがあります。

この治療方法では古い角質を剥がし、お肌のターンオーバーを盛んにする役割や、お肌にお薬を塗ることによって毛穴の開きを改善させることが期待出来ます。
ニキビ治療を目的としたケミカルピーリングは皮膚科でしか受けることが出来ません。
必ず医師の正しい診察を受けてから治療を受けましょう。

【医師監修】東京アクネクリニック 朝本院長

まとめ

初期ニキビの特徴は、白くプツっとした吹き出物が出ることです。専門用語ではコメドと呼びます。
まだ炎症は起きていない非炎症性皮疹であり、アクネ菌の本格的な増殖が始まっていないので、この段階で治療をすれば重症化して痕が残る…といったリスクはありません。可能な限り、このタイミングで治すことがニキビケアの鉄則といえます。

東京アクネクリニック:何度も繰り返すニキビ、原因は皮脂腺にありました。
東京アクネクリニック:あなたのニキビはどの状態?放っておくと、取り返しのつかないニキビ跡に!?今すぐチェック!
pagetop