乾燥肌のニキビの原因と対策【医師監修】

ニキビ、と聞くとどうしてもオイリーな肌の人の悩み、という印象がある方が多いのではないでしょうか。しかし、乾燥肌の方にもニキビで悩んでいる方は数多くいらっしゃいます。今回は乾燥肌の方のニキビについてお話ししましょう。

 

乾燥肌のニキビはどう違う?

乾燥肌なのに、どうしてニキビが出来るの?

ニキビは、よく知られている通り、分泌された皮脂が毛穴に詰まってしまうことでできます。しかし、オイリーな、皮脂の分泌が多い肌質の方の余分な皮脂が詰まってしまう、というメカニズムは理解しやすくても、乾燥肌の、油分が足りない肌質の方にニキビが出来てしまう、というのはどうにも理解できなという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

乾燥肌の方の皮膚は、確かに皮脂の分泌は少ないのですが、皮膚の表面の必要最低限の皮脂の膜も作れないので、通常お肌に期待できるバリア機能が全く働かないという問題点があります。この膜がうまく機能しないので、お肌に必要な水分がノンストップで蒸発してしまって、角質は乾燥して硬くなり、毛穴も閉じてきてしまいます。この細く、狭くなった毛穴はほんの少しの皮脂や汚れなどでも詰まってしまい、ニキビが出来てしまいます。

ニキビのでき方の違いは?

ニキビのできるメカニズムとしては、乾燥肌のニキビも全く同じといえます。いつも油分が肌に足りなくて、カサカサして困る、という乾燥肌の方も、少量の皮脂は分泌されていますし、汚れや剥がれ落ちた老廃物も蓄積します。

お肌の正常なターンオーバーが保たれていないこと、また、先述のようなバリア機能を受け持つ皮脂の膜がないことで毛穴が細く、より詰まりやすくなってしまうことから、オイリー肌の方と同じように毛穴に皮脂や老廃物が詰まって、イヤーなニキビが出来てしまうのです。

乾燥肌ニキビは何に気を付けるべき?

乾燥肌の方がニキビになってしまったら、まず気をつけるべきことは保湿です。お肌にたっぷり潤いを与えて、正常な皮膚表面の膜やバリア機能を取り戻してあげましょう。乾燥のひどい方は敏感肌用の、お肌に合った化粧水などをこまめに使って、砂漠状態のお肌を助けてあげてください。

お肌の潤いには、適度な皮脂も大切なので、必要に応じて保湿クリームなどを用いるのもよいですが、逆に過剰に外から油脂を補ってしまうと、お肌に本来備わっている皮脂の分泌力を妨げることにもなりますから、バランスを考えて適度に行いましょう。

他にも、

  • ・極端に甘いものや油分の多い食事を摂り過ぎない
  • ・睡眠時間や基本的な生活リズムを確保する
  • ・ストレスを溜めないようにする

など、日常生活に気を配ることもとても重要と言えるでしょう。

それでも良くならなかったら?

乾燥肌の方のニキビは、いわゆる青春のシンボルとしての10代のニキビではなく、成人の方に多いのが特徴。「大人ニキビ」と呼ばれるものであることが多いと考えられています。普段の生活の心がけであまり改善が見られない場合は、ホルモンバランスなどが関係しているニキビである可能性があるので、やはり皮膚科専門医を受診しましょう。

乾燥肌の対策と合わせて、ホルモンバランスを整える治療などを行うことで改善が見られることも多くあります。

【医師監修】東京アクネクリニック 朝本院長

まとめ

乾燥肌は、しわっぽくなりやすかったり、かゆみが出たり、ガサガサしたりと何かと悩みが多いものです。その上、ニキビまで出来てしまったら、本当に最悪ですよね。
お肌のケアの基本は、やはり適切な洗浄と保湿、それから紫外線予防です。ニキビを放っておいたら、ニキビ跡が残ってしまった、あるいは中で炎症を起こして化膿してしまった、といったことにならないように、早目に手を打つことが肝心です。
ニキビも立派な皮膚病の一種。軽くみることなく、一つ一つ確実にケアしていきたいですね。

東京アクネクリニック:何度も繰り返すニキビ、原因は皮脂腺にありました。
東京アクネクリニック:あなたのニキビはどの状態?放っておくと、取り返しのつかないニキビ跡に!?今すぐチェック!
pagetop