敏感肌のニキビの原因と対策【医師監修】

ニキビというと、オイリー肌の方に多い印象ですが、実は敏感肌の方でもニキビができてしまうことがあります。特に大人になってからニキビができやすくなった方は、敏感肌のニキビかも。敏感肌のニキビには特有の原因があり、オイリー肌のニキビとは異なる対策も必要となります。

 

お肌のバリア機能が弱まっている!? 敏感肌のニキビについて

ニキビができるメカニズムは?

皮脂が増えてしまったり、肌のダメージによってターンオーバーがうまくいかなかったりすると、異常角化と呼ばれる状態となり、毛根が皮脂で詰まってニキビとなります。
また、ストレスや睡眠不足の状態でも肌の新陳代謝が崩れて、ニキビの原因となります。皮脂で詰まってしまった状態が白いニキビです。そこに、菌が繁殖すると赤く腫れて痛みやかゆみを伴うことがあり、場合によっては、膿が出てしまいます。

敏感肌のニキビの原因は?

敏感肌の方は、肌のバリア機能が低下しているため、同じ刺激でも通常の方よりもダメージを受けやすく、ニキビの原因となってしまうこともあります。

  • ・紫外線による肌へのダメージ
  • ・洗いすぎや洗顔料などが流しきれていない
  • ・洗顔やシャワーに熱すぎるお湯を使っている
  • ・日焼け止めや洗顔料、化粧品などが合っていない

などが肌へのダメージの原因として挙げられます。

また、ストレスや睡眠不足、ビタミン不足なども肌のバリア機能を弱めてしまうため肌ダメージを増やしてしまう原因となります。

自分でできるケア&予防法は?忘れがちな冬場のUVケアも怠らず!

何より大切なことは、肌へのダメージを防ぐことです。
紫外線に対しては、日焼け止めやUVカットの効果のある化粧下地を使うようにしましょう。その際、日焼け止めも敏感肌用のものを用いるほうが安心ですが、日焼け止めの効果が弱くなったり、持続時間が短かったりするので、商品の説明をきちんと読んで購入し、また汗をかいたら早めにハンカチやハンドタオルで押さえて拭くようにしましょう。

ニキビは皮脂の詰まりによるものですが、敏感肌の方はむしろ皮膚表面の皮脂は不足しがちです。皮脂は表面のバリアのためにも必要なものですので、洗いすぎるとバリア機能が低下してしまいます。
そのためにも、泡立てた洗顔料で優しく1日2回程度、お湯はぬるま湯で洗うのが良いとされています。また、洗った後は化粧水や乳液などで保湿をし、肌のバリア機能を高めましょう。

薬を使うなら市販?処方箋?

市販のニキビ薬を使ってみても良いでしょう。ただ、ニキビ用の洗顔料の中には、ニキビを予防するために皮脂を落とす力を強くしたり、新陳代謝を高めるため軽いピーリング効果のある成分を含んでいたりするものがあります。これらは敏感肌の方には刺激が強すぎる可能性もあります。敏感肌用の洗顔料で1日2回しっかり洗って、その後きちんと洗い流すのも有用です。

医師が処方する薬としては、皮膚の乾燥を防ぎバリア機能を高める保湿剤などのほか、近年新たに保険適応となった薬で、皮膚の新陳代謝を高めて毛穴が詰まるのを防ぐものがあります。
新陳代謝が低下している時にはニキビ跡ができやすくなっていますので、悩んでいる方は早めに皮膚科を受診してみてはいかがでしょう。

【医師監修】東京アクネクリニック 朝本院長

まとめ

敏感肌のニキビは、オイリー肌のニキビと異なり、肌へのダメージによる新陳代謝の低下がニキビの大きな原因となります。ストレスや睡眠不足などを避けたり、紫外線や化粧品による刺激を避けたりして、丁寧に洗顔をすることで、肌が本来持っているバリア機能を活かすようにしましょう。新陳代謝が低下しているとニキビの跡も残りやすくなります。
それでももしニキビができてしまったら早めに医療機関にご相談ください。

東京アクネクリニック:何度も繰り返すニキビ、原因は皮脂腺にありました。
東京アクネクリニック:あなたのニキビはどの状態?放っておくと、取り返しのつかないニキビ跡に!?今すぐチェック!
pagetop