冬のニキビの原因と対策【医師監修】

ニキビというと、汗をかく夏に気をつけるべきものと思っていませんか。ところが、実は冬のニキビのお悩みも意外と多いのです。では、一体冬のニキビの原因とは何なのでしょうか。そして、どんなことに気を付ければ良いのでしょうか。

 

冬こそニキビができやすい?原因と対策は?

冬のニキビの原因は乾燥!

冬といえば乾燥の季節ですね。ニキビの原因が皮脂なのであれば、乾燥しているとニキビができにくいのでは、と思うかもしれませんが実はそうではないのです。乾燥すると皮膚の老廃物が毛穴にたまりやすくなり、ニキビができやすくなります。

そして、乾燥を補うために皮脂の分泌が活発になり、特にTゾーン(おでこ、鼻)のあたりのニキビができやすくなります。そして冬は防寒のために重ね着をすることも多く、電車の中や屋内では蒸れてしまいがちです。そのため背中や胸などにもニキビができやすい時期なのです。

冬こそしっかりしたい肌ケアの方法は?

保湿

乾燥してしまいがちな皮膚のバリア機能を保つことは、ニキビ予防や肌荒れ防止に重要なことです。洗顔の後は化粧水、乳液、保湿クリームなどでしっかり保湿しましょう。
ニキビができやすい体質の方は、ノンコメドジェニックやハイポコメドジェニックと明記されている基礎化粧品を使われるのがお勧めです。特に乾燥しやすいU(あご)ゾーンの辺りも意識しましょう。
また、寒いからといって空調を強くしすぎたり、直接当たるような場所にいることは避けましょう。加湿器も肌の保湿に効果的です。

紫外線対策

冬であっても紫外線対策は必要です。日焼けの肌へのダメージは、ニキビができやすい環境になってしまいます。特にウインタースポーツは日焼けをしやすいので、しっかりと対策してから楽しみましょう。そして、日焼け止めを洗い残さないようにしっかりと洗顔することも大切です。

肌ケアだけじゃない!ニキビを作らない生活習慣とは?

通気性の良い下着や衣類を身つける

下着や肌着など、特に肌に直接触れるものは通気性の良いものにしましょう。綿やシルクなどがお勧めですが、最近では化学繊維でも通気性の良いものもあります。また、暖房の効いた屋内に入った時は上着を脱ぐなど、調節ができるようにしておくと良いでしょう。

規則正しい生活を送る

冬はクリスマスに忘年会、新年会と楽しいイベントが多く、ついつい頑張りすぎてしまいがちです。忙しい時こそ、しっかり休養をとるよう心がけてください。睡眠をしっかり取ることも大事です。お酒の席ではタバコを吸っている人もいることもありますが、肌のためにはタバコの煙を避けることも必要です。

食生活を見直す

ケーキやチョコレートなど、冬は特に美味しく感じますし、食べる機会も多いかと思います。しかし、脂質の多い食べ物は皮脂の分泌を活発にして、ニキビの原因になりやすいので、くれぐれも食べすぎないように気を付けましょう。鍋料理などで緑黄色野菜もしっかり取りましょう。

顔に触れるものを清潔に保つ

いつも顎にマフラーが当たっていて、その部分にニキビができやすいということはありませんか。マフラーも小まめに洗濯して、できれば顔にはあまり触れないように巻くと良いでしょう。毛布などの寝具なども清潔に保ちましょう。

しつこいニキビの治療は皮膚科へ!

shutterstock_71143099

お家でのケアを頑張っていてもニキビができてしまった、どんどん悪化していって治りそうもない、という時は病院で相談するのが一番です。

薬の処方もありますし、保険適応外の治療として、ケミカルピーリングやニキビ跡に対して行われるレーザー治療などもあります。
ただし、これらの治療後は乾燥することが多いので、保湿をしっかりすることが大事です。

【医師監修】東京アクネクリニック 朝本院長

まとめ

冬ならではのニキビが作られやすい原因がこんなにもあるのかと、びっくりされた方も少なくはないのではないでしょうか。しかし、肌を守る為の本質として大切なことは、肌を清潔に保つ、保湿をして肌を守る、規則正しい生活と食習慣という基本的な所になります。
是非、冬の寒さに負けず、お肌も身体も健康に過ごしていきましょう。

東京アクネクリニック:何度も繰り返すニキビ、原因は皮脂腺にありました。
東京アクネクリニック:あなたのニキビはどの状態?放っておくと、取り返しのつかないニキビ跡に!?今すぐチェック!
pagetop