梅雨とニキビの原因と対策

梅雨の時期になると、ニキビに悩まされる方が増えてきます。では、そもそも梅雨の時期にニキビができやすくなるのはなぜなのでしょうか。そして、この時期のニキビを予防するにはどうすればいいのでしょうか。ここでは、梅雨の時期にニキビができやすくなる原因とその予防法について詳しくご紹介します。

 

梅雨の時期に特に気を付けたいニキビ対策とは

梅雨の時期にニキビができやすくなるのはどうして?

梅雨の時期にニキビができやすくなる原因としてまず挙げられるのが「皮脂の分泌量の増加」です。梅雨に入って徐々に気温が上がってくると、それに伴って皮脂線の働きが活発になります。するとその影響によって、分泌される皮脂の量が増加するのです。
毛穴に詰まった皮脂はニキビの原因であるアクネ桿菌の「エサ」でもありますので、皮脂の分泌量が増えると、それだけニキビができやすくなってしまいます。

お肌の殺菌力が低下するのも原因

気温・湿度ともに高くなる梅雨の時期は、沢山の汗をかきます。そして沢山の汗をかくと、普段は弱酸性に保たれているお肌のpH値がアルカリ性に傾いていきます。
するとその結果、肌本来の殺菌力が低下してアクネ桿菌が繁殖しやすくなり、ニキビ発生のリスクが高くなってしまうのです。

エアコンによる冷えと乾燥も原因になる

暑くてじめじめしている梅雨の時期は、ドライや冷房をつける機会も多くなります。そしてこのエアコンの使用も、ニキビのリスクを高めることがあります。
というのも、空気が乾燥すると、お肌は水分の蒸発を防ごうとして角質を厚化させようとします。すると肌のターンオーバーが乱れ、毛穴に角栓が詰まりやすくなるのです。

またエアコンによる影響で体が冷えると、冷え症になって代謝が低下し、ニキビができやすくなることもあります。

洗顔&保湿をして梅雨の時期のニキビを予防しよう

梅雨の時期のニキビを予防するにはまず、肌表面の余分な皮脂や汗を除去することが大切です。
洗顔料をよく泡立て、泡でマッサージするような感覚で、優しく洗いましょう。そして洗顔後は泡が残らないようしっかりとすすぎ、清潔なタオルで水分を拭き取ります。

過剰な洗顔はNG

顔のテカりや汗が気になると、力を入れてゴシゴシと洗顔してしまいがちです。しかし過剰な洗顔はお肌の乾燥を招き、さらなる皮脂の過剰分泌を招く恐れがあります。また洗顔をする際に力を入れすぎると、肌表面が傷付き肌本来のバリア機能を低下させてしまいます。 そこで洗顔をする際は、以下のような点に気をつけましょう。

  • ・洗顔の回数は朝と夜の2回を基本とする
  • ・顔をする際は力を入れすぎない
  • ・汗が気になるときはその都度洗顔をするのではなく、柔らかいタオルなどを使って優しく拭く

見落としてしまいがちな梅雨の時期のスキンケア

夏は肌のテカりや汗が気になるため、乾燥対策をおろそかにしてしまいがちです。しかし、エアコンにさらされたお肌は自分が思う以上に乾燥しているため、入念な保湿ケアをする必要があります。

保湿は皮脂の分泌量を減らすうえでも効果的

私たちの肌表面には「ラメラ構造」という層状の組織があり、様々な刺激からお肌を守ってくれていますが、お肌が乾燥するとこのラメラ構造が崩壊し、肌のバリア機能が低下してきます。
するとお肌を守るものはもはや皮脂しかなくなるため、体は沢山の皮脂を分泌するようになります。
つまり保湿ケアをすることは、肌のラメラ構造を守って皮脂の過剰分泌を予防することにつながるのです。

体を冷やさないようにすることも大切

エアコンなどによって体が冷えると、代謝機能が低下して肌のターンオーバーが乱れたり、ニキビができやすくなったりすることがあります。
そのため梅雨の時期のニキビを防ぐためには、体を冷やさないようにすることも大切です。

  • ・エアコンの冷気に直接あたらないようにする
  • ・入浴時間を長めにとり、体をしっかり温める
  • ・ブランケット等を使用して体を冷やさないようにする

冷え症を予防するには上記のような対策が効果的ですので、試してみてください。

まとめ

梅雨の時期は、皮脂の分泌量や発汗量の増加、エアコンの影響などによって、ニキビができやすくなります。ニキビを防ぐためには洗顔や日々の保湿ケアなどが効果的ですので、さっそく実践してみてはいかがでしょうか。

東京アクネクリニック:何度も繰り返すニキビ、原因は皮脂腺にありました。
東京アクネクリニック:あなたのニキビはどの状態?放っておくと、取り返しのつかないニキビ跡に!?今すぐチェック!
pagetop