ビタミン剤でニキビを治す【医師監修】

「ニキビにはビタミンが効果的!」こんなフレーズをよく聞きます。ドラッグストアのビタミン剤売り場でも「ニキビ治療に・・・」といったポップが目立っています。
ここでは、実際にニキビ治療にビタミン剤は効くのか?また、そのメリット・デメリットを含めてお話しします。

 

ビタミン剤によるニキビ治療

ニキビとビタミンの関係は?

そもそもビタミンには、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK、パントテン酸(ビタミンB7)、葉酸、ビオチン(ビタミンB5)など、様々な種類があります。
このうち、ニキビに関係があると言われているのが、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンEです。

1.ビタミンBについて

ビタミンB群には脂質の代謝を活発にして、皮脂の分泌を適性に保つ働きがあります。なかでも、ビタミンB2はニキビの原因になる脂質や糖質の代謝を促す働きがあるため、ビタミンB2が不足すると肌が脂性になり、ニキビができやすくなります。
また、糖分の代謝はビタミンB群を大量に消費し、ビタミンB群の不足にもつながり、ニキビができやすくなります。糖分の摂り過ぎには要注意です。
その他にも肌のターンオーバーを正常化させるビタミンB6や、免疫力や抵抗力を高めるパントテン酸(ビタミンB5)などビタミンB群は肌に良い成分がたくさんあるのです。

2.ビタミンCについて

ビタミンCは美白作用や抗炎症作用、活性酸素を抑える作用など美肌ビタミンとして有名です。
ビタミンCが不足すると、肌のターンオーバーのリズムが乱れ、ニキビだけでなく、様々な肌トラブルを引き起こす原因になります。

どうやってビタミンを摂取するの?

名称未設定-2

毎日の健康に必要なビタミンは食事でとるのが基本です。しかし、規則正しい食生活を送ることが難しい場合や、肌の調子が気になる、という時にはビタミン剤も併せて使うことがお勧めです。

ビタミン剤は、病院での処方もできますが、一般のドラッグストアでも販売されています。ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、と個別に摂取しても良いですが、最近では「マルチビタミン」という一種類の錠剤に、複数のビタミン成分が含まれているものがあります。なお、ビタミンB群、ビタミンCは、体内に蓄えておけないので、毎日きちんと補給するように心がけましょう。

ビタミン剤のメリット

ビタミン剤のメリットとデメリットを知って、正しくビタミン剤を使いましょう。

ビタミン剤のメリットは、なんといっても手軽なことです。わざわざ病院に行かなくても、ドラッグストアで簡単に手に入ります。また、ビタミンB群やビタミンCには特に大きな副作用もないので、安心して服用することが可能です。

ビタミン剤のデメリット

一方で注意したいのが、マルチビタミン剤を内服する場合。このマルチビタミン剤にビタミンEが含まれている場合には、ビタミンEの過剰摂取でかえってニキビが悪化してしまう可能性があります。ビタミンEには、男性ホルモン分泌作用がありますが、この男性ホルモンによって皮脂が増えてしまい、これがニキビの原因になることがあります。

通常の食事や、所定の用量でビタミン剤を内服している場合には、ビタミンEが過剰になることはまずありません。ですから、マルチビタミン剤でビタミンを補給する場合には、決められた用量を必ず守るようにしてください。

【医師監修】東京アクネクリニック 朝本院長

まとめ

ビタミンBが多く含まれる食品には、豚肉やレバーなどの肉類やチーズなどの乳製品、アーモンド、アボカド、アスパラガスなどがあります。水溶性ビタミンなので調理の際には水にさらしすぎないようにするか、ゆで汁も一緒に摂取できるようなメニューが良いでしょう。ビタミンCは緑黄色野菜やイチゴ、キウイなどの果物に豊富に含まれています。こうした野菜や果物を毎日摂取できるのがベストです。

食品だけで賄うのが難しい場合には、手頃なビタミン剤を正しく使えば、ニキビ治療の強い味方になってくれます。数多くあるビタミン剤、まずはニキビに効くビタミンの種類を知って毎日の生活に取り入れるようにしてみましょう。

東京アクネクリニック:何度も繰り返すニキビ、原因は皮脂腺にありました。

ニキビのお悩みQ&A

ニキビの症状は人によって様々。ここでは多くニキビに悩む方のQ&Aを集めました。

病院でのニキビ治療をお考えの方

施術によるニキビ治療をお考えの方は、直接医師にご相談ください。

東京アクネクリニック:あなたのニキビはどの状態?放っておくと、取り返しのつかないニキビ跡に!?今すぐチェック!
pagetop