ホルモン治療でニキビを治す

私たちを悩ませるニキビ。顔の目立つところにニキビができたりすると、女性であればお化粧などもしにくく、本当に不愉快なものですよね。ニキビの原因には様々なものがあり、それぞれの原因に対して効果のある治療法が開発されています。その一つでホルモン剤によるニキビ治療という方法があります。

 

詳しく知りたい! ホルモン治療によるニキビ治療ってどんなもの?

ニキビの原因にはどんなものがあるの?

ニキビの原因にはいろんなものがあります。

  • ・皮脂の過剰な分泌や肌の乾燥で肌が固くなり、毛穴が詰まりやすくなる
  • ・ストレス
  • ・栄養の偏り
  • ・睡眠不足
  • ・生まれ持った体質的でニキビができやすい
  • ・ホルモンバランスの乱れ

など。

今回は数あるニキビの原因の中の一つである、ホルモンバランスの乱れによるニキビに対して、ホルモン剤でホルモンバランスを整えることで改善していく、という治療法についてお話しします。

ホルモンバランスが乱れるとなぜニキビができるの?

強いストレスがかかると人間の身体は自律神経のバランスが乱れ、交感神経が優位になり、全身が「戦闘モード」に入ると同時に、男性ホルモンが普段より多く分泌されます。

男性ホルモンが過剰になると、皮脂腺から皮脂の分泌が促進され、皮膚の表面が脂ぎった状態になりやすいと考えられています。ショックを受けた時や極度に緊張した時などに、顔がギトギトした感じがする、といった経験をされた方はいませんか?

こうして「ストレスがかかる→男性ホルモンが分泌される→皮脂が過剰になる」というメカニズムで皮膚表面に皮脂が増えベタついてしまうのです。すると空気中のホコリなども付きやすく、これが毛穴に詰まることでニキビができてしまうと考えられています。これを、男性ホルモンを抑制することで食い止めるのがホルモン剤によるニキビ治療なのです。

ホルモン治療はどんなものを使うの?

ホルモンによるニキビの治療には、一般的に男性ホルモンの働きを抑えるものが中心になります。女性ホルモンが男性ホルモンの働きを抑える働きがあるので、まず体外から女性ホルモンを補給するという方法が考えられます。女性ホルモンそのものの他に、女性ホルモンと似た働きをするといわれる疑似ホルモン物質を投与する場合もあります。

また、避妊に用いるピルを処方される場合もあるようです。また、女性ホルモンを含んだ軟膏もあり、ニキビができている箇所に塗布することで、その部分を集中的に治療することもできます。内服薬と軟膏を併用することも多いようです。

ホルモンによるニキビ治療で注意しなくてはならないこと

shutterstock_82733647

ニキビに対するホルモン治療の多くは、主に女性ホルモンを含む薬を服用することになります。
そのため、その薬そのものに対する注意事項があります。ピルを服用する場合、喫煙は避ける必要があります。

また、ホルモン剤の服用で、吐き気や乳房の痛みなどが起きる人もいます。飲み忘れると不正出血の原因になったりすることもあります。このような副作用などもあるので、ニキビの改善のみを目的としてピルなどを長期間服用するには抵抗がある人もいるでしょう。

また、定期的に病院で受診し検査を受け、副作用の有無によって次回の処方を受ける必要もあります。こういった手間もかかるので、忙しい人には向いていないかもしれません。

まとめ

ニキビの治療にホルモン剤、と聞くとちょっと抵抗があるかたもいらっしゃるかもしれません。しかしピルなども低用量で、一般的に副作用が少ないものも普及していますし、ホルモン治療に慣れた医師の診察、処方のもとに服用するのであれば、危険はほとんどないと言えるでしょう。

また「ホルモン剤は太る」という印象をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、そういった副作用も、現在はほとんどありません。全てのニキビにホルモン剤が有効というわけではありませんが、ニキビの他に月経前症候群に悩まされている人や、確率の高い避妊法を求めている人には一石二鳥となり得る治療法なのです。

東京アクネクリニック:何度も繰り返すニキビ、原因は皮脂腺にありました。

ニキビのお悩みQ&A

ニキビの症状は人によって様々。ここでは多くニキビに悩む方のQ&Aを集めました。

病院でのニキビ治療をお考えの方

施術によるニキビ治療をお考えの方は、直接医師にご相談ください。

東京アクネクリニック:あなたのニキビはどの状態?放っておくと、取り返しのつかないニキビ跡に!?今すぐチェック!
pagetop