市販薬でニキビを治す【医師監修】

薬局やドラッグストアはもちろんのこと、最近ではコンビニエンスストアなどでも薬を取り扱うようになりました。ずいぶん多くの薬が手軽に手に入るようになりましたね。
ここでは、そうした市販薬を用いたニキビ治療について説明します。

 

市販薬によるニキビ治療。気をつけるべきこととは?

病院で処方される薬と、市販薬にはどんな違いがあるの?

現在、市販の薬にはたくさんの種類があり、効用だけ読んでいると「病院に行って薬をもらわなくてもドラッグストアなどに売っている薬を使って治療ができるのでは」と考えてしまう方もいらっしゃるでしょう。しかし、医師の処方箋を必要とする薬は、より効能が特化していたり、有効成分の含有量が多い薬です。

例えば、市販の風邪薬は、熱を下げ痛みを抑えるための解熱鎮痛剤、それによって傷つく可能性のある胃の粘膜を保護するための胃薬、さらに鼻水を止めるための抗ヒスタミン剤…など数々の成分が複合された形で入っているのに対し、処方薬は多くの場合、解熱鎮痛剤、胃薬、という風に医師の選択によって、数種類を組み合わせて処方しているのです。また、抗生物質など市販薬にはない成分を処方することができます。それだけに、扱いを間違えると副作用の強い薬も含まれていると言えますね。

ニキビ治療に用いられる市販薬は、どんな種類があるの?

ニキビに効能が認められている薬のうち、薬局やドラッグストアなどで買えるいわゆる市販薬としては、塗り薬がメインになるかと思います。

代表的なものとしては、硫黄などを成分とし、アクネ菌を抑える作用を期待した薬、また抗炎症効果の高い成分を含む薬、あるいは副腎皮質ステロイドを含有し薬などがあります。そのほか、内服のビタミン剤などもビタミン不足が認められる場合には、良い効果が認められることがあります。

市販薬での治療、何に気をつければいいの?

市販薬で治療するメリットは、やはり手軽であることが一番に挙げられるでしょう。ニキビの治療は、繰り返したり長期戦になることも多いので、ニキビが顔を出すたびに、予定をあけて受診に出向くのはちょっと面倒な場合もありますよね。そんな時に副作用も控えめで自分の肌によくあった市販薬があれば、本当に助かります。

ニキビ治療用の市販薬は、色々な種類があります。炎症を起こしたニキビに適した薬、ホルモンバランスによる大人ニキビに適した薬、長期間の使用には適さない薬など。そのような特徴の中で、自分の症状に合ったものを選ぶことがとても大切です。何を買ったらいいのか迷ったときは、店頭で薬局やドラッグストアの薬剤師さんにニキビの状態を説明しながら相談すると良いでしょう。

shutterstock_316690793

市販薬でなく病院で薬を処方してもらったほうが良い場合

市販薬でニキビの治療をすれば診察を伴わないので、いわば「自己責任」で治療をするということになります。市販薬がよく効いて、すぐ治癒すれば何よりですが、場合によっては炎症を起こしたり、膿んだり、かぶれたり、と悪化してしまう可能性もあります。効果が出ない場合は皮膚科専門医を受診し、速やかに病院でのニキビ治療に切り替えることが得策と言えます。

また、敏感肌でかぶれやすい方、薬のアレルギーやアトピーなどがある方も、できれば皮膚科でニキビケアを受けたほうが安心です。

【医師監修】東京アクネクリニック 朝本院長

まとめ

ニキビができても、いつも市販薬で完治して快適に乗り切っている、という方も多いようですが、一方ではニキビに自分で選んだ薬を塗ったらひどくなってしまった、という方もいらっしゃいます。悪化したら、早めに方針を切り替えて皮膚科を受診しましょう。

また、ニキビを自己流のケアや市販薬で悪化させて皮膚科を受診する時、経緯を隠す方もいらっしゃいますが、ニキビができてからの治療経過は医師にとって重要な情報です。隠さず伝えるようにしましょう。

東京アクネクリニック:何度も繰り返すニキビ、原因は皮脂腺にありました。

ニキビのお悩みQ&A

ニキビの症状は人によって様々。ここでは多くニキビに悩む方のQ&Aを集めました。

病院でのニキビ治療をお考えの方

施術によるニキビ治療をお考えの方は、直接医師にご相談ください。

東京アクネクリニック:あなたのニキビはどの状態?放っておくと、取り返しのつかないニキビ跡に!?今すぐチェック!
pagetop