デコルテのニキビを治しておしゃれを楽しむ【医師監修】

襟もとの開いた服を着ると見えてしまうデコルテのニキビ。ファッションが制限されてしまうだけでなく、痛痒くて不快ですよね。
では、そんなデコルテのニキビをスッキリと治したり、事前に予防したりするにはどうすれば良いのでしょうか?

 

デコルテのニキビを治しておしゃれを楽しむ

ファッションの敵!デコルテのニキビに悩む大人は多い

皮脂を栄養にして、アクネ菌が繁殖することで起きる皮膚の炎症がニキビです。
皮脂の分泌が盛んな場所ならば、顔以外にもニキビは発生しますが、意外と悩む人が多いのが、皮脂腺が多く集まる胸の周り、いわゆるデコルテにできるニキビです。しかも、20代を過ぎた大人になってから急にデコルテにニキビができたという人も少なくありません。

大人になってできたデコルテのニキビはストレスが原因かも…

大人になってデコルテにニキビができたという人は、もしかしたらストレスやホルモンバランスの乱れが原因かもしれません。それ以外に原因となり得るのが、生活習慣や食生活です。 そのほか、衣類の素材が原因となっていたり、洗い残したシャンプーや石鹸が肌に付着したりすることで起こる場合などもあり、その原因は様々です。

早く治したいデコルテのニキビ!治療方法は?

原因は何であれ、デコルテのニキビも、厚くなった角質で毛穴が塞がれることが原因で皮脂が詰まり、炎症が起こるというメカニズムで発生します。そのため、基本的には顔にできたニキビと同じように、古い角質を除去して肌の新陳代謝を促すことで治療することができます。
効果的なのは、定期的なピーリングです。入浴時に使える石鹸タイプのピーリング剤が手軽にケアできて便利です。
注意したいのは、ピーリング後のお手入れです。ピーリング後は肌から水分が蒸発しやすい状態のため、念入りに保湿を行いましょう。

・肌を清潔に保つ
汗をかいたら小まめに拭き取る、朝晩シャワーを浴びるなど、日頃から肌を清潔にすることで、デコルテニキビの発生を防ぐ効果があります。

・保湿は油分の少ない化粧品で
デコルテのケアにボディクリームやボディバターを使う人も多いでしょう。しかし、油分の多いケア用品はニキビを悪化させる原因になりかねません。
デコルテの保湿にはオイルフリーの乳液や美容液を用いるのが良いでしょう。

デコルテのニキビに悩まされないために…有効な予防法とは

decollete_02

デコルテのニキビを予防するためには、定期的な角質ケアに加え、以下のような点に気を付けましょう。

・綿素材の衣類を選ぶ
汗を吸収しやすい綿素材の衣服を着用することで、デコルテを清潔に保つことができます。 洗濯の際には低刺激の洗剤を使いましょう。

・食生活を見直す
油脂分の多い食事は、皮脂の分泌も活発にするため控えましょう。
毛穴の活性酸素を抑え、皮脂の酸化予防効果があるビタミンCをはじめとするビタミン群を、毎日摂取するよう意識するといいですね。
バランスの取れた食生活が大切です。

・十分な睡眠時間を確保する
睡眠が不足すると肌の免疫力は低下します。毎日まとまった睡眠時間を確保する努力をしましょう。

・入浴時の洗い残しに注意
入浴後、石鹸やシャンプーなどが体に残っていると、毛穴詰まりの原因になるので、念入りに流すようにしましょう。
頭を洗った後で体を洗うと、洗髪時のコンディショナーなどもきれいに洗い流すことができます。

・ストレスケアも忘れずに
強いストレスを感じ続けると、副腎皮質から分泌される男性ホルモンが増え、その結果、皮脂の分泌が活発になります。
また、男性ホルモンには角質を厚くする働きもあるので、ストレスはニキビケアの大敵です。気分転換に趣味に没頭したり、アロマテラピーや半身浴を生活に取り入れたりするなど、ストレスケアも大切にしましょう。

【医師監修】東京アクネクリニック 朝本院長

まとめ

いかがでしたか?厄介なデコルテのニキビができてしまったら、ご紹介した対処法をぜひ試してみてください。
それでもなかなかよくならないときは、専門の医療機関で診察を受け、塗り薬などを処方してもらうことも大切ですよ。
無事にニキビが治った後は、生活を見直して、予防に努めてくださいね。

東京アクネクリニック:何度も繰り返すニキビ、原因は皮脂腺にありました。

ニキビのお悩みQ&A

ニキビの症状は人によって様々。ここでは多くニキビに悩む方のQ&Aを集めました。

病院でのニキビ治療をお考えの方

施術によるニキビ治療をお考えの方は、直接医師にご相談ください。

東京アクネクリニック:あなたのニキビはどの状態?放っておくと、取り返しのつかないニキビ跡に!?今すぐチェック!
pagetop