化粧水でニキビを治す【医師監修】

きちんとスキンケアをしているつもりなのになかなかニキビが良くならない・・・そんな時は、もしかしたら基礎化粧品に原因があるのかもしれません。とはいえ、ドラッグストアに行ってもニキビ効果を謳った化粧品はたくさんあって、どれを選んで良いかわからなくなってしまいます。ここでは、ニキビ肌向きの化粧水についてお話ししていきます。

 

化粧水によるニキビ治療

知っておきたい、化粧水の大切な役割

本来、肌の表面は皮脂に覆われていて、この皮脂が外部刺激から肌を守る役割を果たしています。
しかし乾燥がひどくなると、肌のバリア機能が低下し、防衛反応として皮脂が過剰に分泌されてしまい、結果としてニキビを悪化させてしまいます。

洗顔後の肌は皮脂量が減り、角質も薄くなっているのでバリア機能が低下している状態。皮脂コントロールには、洗顔後の肌に潤いを与え、しっかりと保湿する化粧水が、ニキビ予防にもとても重要な役割を果たしていると言えるのです。

こんな化粧水を選ぼう

ニキビ肌向きの化粧水を選ぶポイントはいくつかあります。

1.肌に優しいこと

化粧水の中には、保存料や防腐剤、香料など様々な添加物が配合されている物も多くあります。ニキビができているのは、肌が弱っているサイン。できるだけ無添加・天然成分配合・低刺激のものを選ぶと良いでしょう。「敏感肌用」と表示されているものもお勧めです。

2.高い浸透力を持っていること

せっかくの化粧水も肌にしっかり浸透しなければ意味がありません。高い浸透力のある化粧水が良いでしょう。具体的には、ビタミンC誘導体・サリチル酸成分が含まれているものがお勧めです。

3.保湿力が高いこと

肌の保湿はニキビのみならず美容の基本です。ニキビがあると、皮脂が気になってついさっぱりタイプを選びがちですが、保湿力の高いものにするようにしましょう。ト

具体的には以下の成分を含まれているものが良いでしょう。

化粧水に含まれるニキビ肌にいい成分

・ビタミンC誘導体

皮脂の分泌量をコントロールする働きもあります。ただし肌への刺激が強い成分でもあり使い方には注意が必要です。

・サリチル酸

古い角質を軟化し、毛穴詰まりを起こしにくくする働きがあります。また殺菌作用、抗炎症作用もあるので、炎症を起こしているニキビ肌に良いでしょう。

・ヒアルロン酸

ヒアルロン酸には、肌の水分を保つ働きがあります。元々体内で作られるものですが、年齢とともに減少していくので、化粧水で補うことが必要なのです。ト

こんな化粧水は避けよう!

imasia_9597700_XL

ニキビがひどい場合には避けた方が良い成分もあります。以下にあるような表示があるものや成分が含まれている化粧水は避けるようにしましょう。

・皮脂が多い

油分の多いクリームやオイルはニキビの原因菌が繁殖する元になります。

・アルコールを含むもの

さっぱりタイプと書いてある化粧水に含まれていることが多いです。アルコールは水分と一緒に蒸発してしまうので肌の水分も一緒に蒸発してしまい、肌が乾燥しやすくなります。「アルコールフリー」と表示されていれば安心です。

・殺菌成分が含まれているもの

アクネ菌に対する殺菌作用は、10代向き。大人が使うとかえって乾燥してしまいます。「大人肌用」と表示されていれば良いでしょう。

【医師監修】東京アクネクリニック 朝本院長

まとめ

ノンコメドジェニックがおすすめ!

ニキビができにくい成分を使っている化粧品を「ノンコメドジェニック」と言います。
例えば、化粧品に含まれることがあるオレイン酸には、ニキビ菌の栄養成分になってしまい、ニキビを悪化させてしまいます。ノンコメドジェニック化粧品にはこのような成分は含まれていません。ノンコメドジェニックと表示されている化粧品であれば安心でしょう。

一本の化粧水で満足できない場合は、併用する「2本使い」なども良いでしょう。また、どんなに成分を確認しても、実際に自分の肌にあうかどうかは試してみないとわかりません。実際に試してみて、自分の肌にあう一本を見つけましょう。

東京アクネクリニック:何度も繰り返すニキビ、原因は皮脂腺にありました。

ニキビのお悩みQ&A

ニキビの症状は人によって様々。ここでは多くニキビに悩む方のQ&Aを集めました。

病院でのニキビ治療をお考えの方

施術によるニキビ治療をお考えの方は、直接医師にご相談ください。

東京アクネクリニック:あなたのニキビはどの状態?放っておくと、取り返しのつかないニキビ跡に!?今すぐチェック!
pagetop