肌断食でニキビを治す【医師監修】

「美肌」は女性の憧れであり、理想でもあります。しかし、どんなにしっかりきちんとお肌の手入れを行っていても、ニキビのようなスキントラブルは必ず一度は経験するものでしょう。思春期の頃よりも大人になってできるニキビは、跡に残りやすく嫌なものです。
ニキビには実に様々な治療法がありますが、その中に「肌断食」という治療法が存在します。

 

メイクもスキンケアも使わない? 肌断食によるニキビ治療について

肌断食とは

「断食」という言葉は聞いたことがあるかと思います。食を絶つこと、つまり食事を一切しないことを意味します。
「肌断食」の定義は「スキンケア商品やメイクアップ商品を、全く肌に付けないこと」です。この定義については、色々な説がありますが、全く肌に付けないといっても、肌の乾燥対策としてのワセリンや、パウダーファンデーションくらいは付けてもいい、というものもあります。

「肌断食」の誕生

私たちの周りには、実に種類や数多くのスキンケア商品や、メイクアップ商品があります。どれも美肌効果や美白効果があると謳っていますが、実は、こういった商品で肌荒れすることもあり得るのです。
その商品が肌に合うかどうか、肌に合わないかどうか、といったことは、人それぞれ個人差があります。もちろん、いろんな商品を使用してみても、全く肌荒れしない人もいます。こういった理由で、「肌断食」という概念がでてきたのです。

肌断食を始める場合

肌断食を開始する時期ですが、冬は特に乾燥しやすいので、暖かい時期から開始すると良いでしょう。また、男性も女性も問わずに肌断食は可能です。ただし肌荒れやニキビに困っていない方は無理に肌断食をしないほうが良いでしょう。

肌断食をする期間は、個人差があります。肌の荒れがひどい方は、肌の改善を認めるまでは、肌断食を続けた方ほうが良いでしょう。肌荒れやニキビが改善するのにも個人差があります。数週間で改善する人もいれば、数か月もかかる人もいます。逆に、肌荒れやニキビがそこまでひどくない人は、週に1~2回程度の肌断食でも効果があります。

肌断食で乾燥が気になる場合

shutterstock_206614684

洗顔後、通常は、肌の乾燥を防ぐために、化粧水や乳液、美容液といったスキンケア商品を付けます。そのため、肌断食を開始した後は、顔がつっぱり、乾燥します。しかし肌が健康であればあるほど、肌断食した後の乾燥は、比較的軽くて済むのです。肌断食を始めて洗顔後の肌の乾燥が気になる時は、ワセリンを塗ると良いでしょう。

【医師監修】東京アクネクリニック 朝本院長

まとめ

「肌断食」というものは、スキンケア・メイクアップ商品を付けずに、肌を休めてニキビや肌荒れを改善させることが目的の治療法です。今までに皮膚科を受診したり、市販薬でニキビ肌を治療したけれど、治りが悪くかえって肌荒れがひどくなった、というような経験をされたかたは「肌断食」を試してみると良いでしょう。無理のないようにマイペースで試してみてください。

東京アクネクリニック:何度も繰り返すニキビ、原因は皮脂腺にありました。

ニキビのお悩みQ&A

ニキビの症状は人によって様々。ここでは多くニキビに悩む方のQ&Aを集めました。

病院でのニキビ治療をお考えの方

施術によるニキビ治療をお考えの方は、直接医師にご相談ください。

東京アクネクリニック:あなたのニキビはどの状態?放っておくと、取り返しのつかないニキビ跡に!?今すぐチェック!
pagetop