石鹸でニキビを治す【医師監修】

ニキビは思春期からほとんどの方になじみのあるものです。しかし、思春期の頃にできるニキビと大人になってできるニキビは、実は違うものなのです。
・生理前になるとニキビができやすくなった
・Tゾーンではなく、口やあごの周りにニキビができるようになった
・ニキビが乾燥してカサカサしている
これらは、いずれも大人ニキビの症状なのです。

 

石鹸でのニキビ治療とは? 石鹸の選び方について

思春期のニキビ、大人のニキビ

思春期の頃にできるニキビの場合、原因として考えられるのは、過剰に分泌された余分な皮脂により、毛穴が詰まることです。そのため、ニキビができなくなるようにするためには、過剰に分泌された余分な皮脂を取り除くように、しっかりと洗顔をすることが大切です。

これに対して、大人になってできるニキビの主な原因は、古い角質の蓄積、肌の乾燥によるものです。
思春期を過ぎると、肌の代謝が悪くなり、皮膚のターンオーバーが遅くなります。そのため、古い角質で毛穴を塞いでしまうことになります。塞がった毛穴にアクネ菌という雑菌が繁殖し、そこで炎症がおきます。また、肌の乾燥により、毛穴を塞ぐようになり、角質が厚く堅くなります 。

ニキビに関わる女性ホルモン

肌の代謝以外で大人ニキビの原因になるのが、女性ホルモンの乱れです。現代社会の問題にもなっている「ストレス」や「睡眠不足」は、女性ホルモンの乱れにつながり、ニキビの原因になります。

女性ホルモンである「エストロゲン」は、肌のうるおいを保ちます。また「プロゲステロン」は、皮脂の分泌の促進する作用を持っています。女性ホルモンには女性らしくする働きだけでなく、皮膚を整える働きもあり、とても大切なものです。

また、ホルモンバランスの乱れだけではなく、栄養バランスの乱れも、大人ニキビの原因の一つになるので、気を付けましょう。

ニキビ対策に大切な洗顔

shutterstock_66649849

それでは、ニキビはどのように治したら良いのでしょうか?
思春期のニキビも大人のニキビも、メイクの汚れが毛穴に詰まったり、皮脂が毛穴に詰まったりすることが主な原因なので、毎日の洗顔がとても大切です。

ニキビ対策のための石鹸選び

ニキビに悩んでいる時に洗顔に使う石鹸は、どのような物が良いのでしょうか。
石鹸の主な成分は、油脂、苛性ソーダ、精製水からできています。これらが「石鹸素地」と呼ばれるものです。この「石鹸素地」にグリセリンや香料などを混ぜることにより、様々な種類の石鹸ができるのです。

石鹸の成分で注意したいのが「石鹸素地」以外に含まれる配合された成分です。
石鹸には、実に数多くの様々な種類があります。石鹸素地以外の成分によって、肌が荒れたりする方もいらっしゃいます。そのため、石鹸を使用しニキビを治したいと思っている方には、なるべく配合成分が少ない石鹸を選ばれることをお勧め致します。
また、ニキビ肌には配合成分が基本に近いものを選ぶことが大切です。

【医師監修】東京アクネクリニック 朝本院長

まとめ

ニキビ治療にあたっては、洗顔が大切です。しかし過剰に洗顔をしすぎると、かえって顔の乾燥をもたらしますので、1日2回程度を目安に洗顔するように心がけると良いでしょう。
また、石鹸を選ぶ際は、その配合成分を確認して、できるだけ配合成分の少ない石鹸を選ぶようにしましょう。

東京アクネクリニック:何度も繰り返すニキビ、原因は皮脂腺にありました。

ニキビのお悩みQ&A

ニキビの症状は人によって様々。ここでは多くニキビに悩む方のQ&Aを集めました。

病院でのニキビ治療をお考えの方

施術によるニキビ治療をお考えの方は、直接医師にご相談ください。

東京アクネクリニック:あなたのニキビはどの状態?放っておくと、取り返しのつかないニキビ跡に!?今すぐチェック!
pagetop