豆乳でニキビを治す【医師監修】

豆乳は大豆からできているので、健康的で体に良い、ということはご存知でしょう。そして豆乳は健康的に良いだけではなく、美肌効果もあるのです。
また、実は私たちを悩ませている「ニキビ」に対しても大変効果的です。ここでは豆乳によるニキビ治療について説明します。

 

ニキビにお悩みの方必見!ニキビ治療としての豆乳の選び方とは?

ホルモンの乱れによるニキビ

ニキビができてしまう原因は、

  • ・皮脂が多すぎる
  • ・アクネ菌の繁殖
  • ・スキンケアやメイクアップ用品が肌に合わない

など、様々なものあります。

さらにホルモンバランスの乱れによってできてしまうニキビがあるのです。ホルモンは体の中にあるものなので、ホルモンバランスの乱れによってできてしまうニキビに対しては、皮膚への治療では、効果が期待できません。ホルモンバランスの乱れによってできるニキビには、体内へ摂取するものが重要となってきます。

豆乳の美肌効果

「豆乳」は「大豆」からできています。大豆には、「イソフラボン」という成分が含まれています。このイソフラボンというものは、女性ホルモンとよく似た働きをする成分です。

shutterstock_331565597

女性ホルモン(エストロゲン)は私たち女性を女性らしく保つために必要なホルモンで、様々な働きをします。もちろん美肌効果もあり、皮脂の分泌を抑えたり、皮膚の水分量を増やしてコラーゲン生成を促すなどといった作用があります。そのため、イソフラボンが豊富な豆乳を摂取することで、ホルモンバランスの崩れによって起こるニキビに対しては、ニキビ効果が期待できるのです。

ニキビ治療としての豆乳の選び方

豆乳には「成分無調整豆乳」「調整豆乳」「豆乳飲料」という主に3つの種類があります。これらの豆乳の種類の中で、ニキビに一番効果的だとされるのは「成分無調整豆乳」です。成分無調整豆乳は、添加物が一切含まれていない豆乳ですので、ニキビの原因となる糖分摂取もせずに済みます。

どの程度、豆乳を摂取すべきなのかということですが、おおよそ1日に200ml程度を摂取すると良いでしょう。また、豆乳はどのタイミングで飲んでも構いませんが、一番効果的なのは、朝起きてできるだけ早めに、温かい豆乳を飲む理想的とされています。また、一度飲んだからといって、すぐに大豆イソフラボン効果があらわれるわけではありません。最低でも1ヶ月間程度は飲むように心がけたほうが良いでしょう。

大豆アレルギーに注意

大豆に対してアレルギーをお持ちの方は、豆乳を摂取すると体にかゆみや赤み、発疹ができたりすることがあり、大変危険です。アレルギーのあるかたは豆乳摂取することでニキビ治療をすることはできません。

【医師監修】東京アクネクリニック 朝本院長

まとめ

ニキビができてしまうと、治るのにも時間がかかるし、跡が残ってしまうのも嫌ですね。色々なニキビの治療法がありますが、どの治療法が効果的なのかは個人差があり、試してみないとわからないものです。この機会に豆乳によるニキビ治療も試してみてはいかがでしょうか。ただし、豆乳の場合は、アレルギーについての注意が必要です。

東京アクネクリニック:何度も繰り返すニキビ、原因は皮脂腺にありました。

ニキビのお悩みQ&A

ニキビの症状は人によって様々。ここでは多くニキビに悩む方のQ&Aを集めました。

病院でのニキビ治療をお考えの方

施術によるニキビ治療をお考えの方は、直接医師にご相談ください。

東京アクネクリニック:あなたのニキビはどの状態?放っておくと、取り返しのつかないニキビ跡に!?今すぐチェック!
pagetop