サプリでニキビを治す【医師監修】

近年、私たちの生活に欠かせなくなったものの一つに、サプリが挙げられると思います。もちろん、使用頻度や依存度は個人によって大きく異なりますが、病気のために飲むお薬以外に、健康維持のために錠剤やカプセルを飲むことに抵抗のある方は少ないのではないでしょうか。今回は、このサプリを用いたニキビ治療に関してお話しします。

 

サプリによるニキビ治療の効果はいかほど!?

ニキビに効くサプリってどんなものがあるの?

ニキビに対して効果があるとされているサプリのうち、代表的なものには例えば次のようなものがあります。

1.ビタミンC

これは有名ですね。ビタミンCはイチゴやレモンといった果物、そして野菜などにも多く含まれることが知られていますが、サプリも愛用されている方も多いのではないでしょうか。ニキビの原因の一つとなる、皮脂が分泌され過ぎてしまうのを防いだり、炎症を抑えたりする効果も期待できるサプリです。

2.ビタミンB群

ビタミンB群の中でも、特にビタミンB2が有効と言われています。ビタミンB2が不足すると、皮脂のコントロールがうまくいかなくなって過剰な皮脂分泌が起こりギトギトした肌になりやすいことなどが知られています。食生活のバランスに自信がない方には効果が期待できそうですね。

3.乳酸菌

便秘もニキビの原因の一つになってしまうことがあります。便秘が気になる場合に、救世主とも考えられているのがヨーグルトなどの乳酸菌を含む食品や飲み物。味が苦手だったり、なかなか継続して食品から乳酸菌を取るのは難しい・・・、という方にはサプリでの摂取がお勧めです。もちろん、便秘対策には乳酸菌だけでなく水分や食物繊維、適度な運動なども欠かせませんよ。

サプリを飲むときの注意点は?

まず、それぞれのサプリに合わせて、用法、用量をきちんと守ること。お薬ではないといっても、特に摂り過ぎは身体によくありません。また、種類によってはある程度継続して飲み続けないと効果のわかりにくいものもあるので、その点も注意が必要ですね。

サプリをニキビ治療に用いるメリットは?

サプリをニキビ治療に用いるメリットとしては、何といってもその手軽さが挙げられるでしょう。
今では数えきれないほどの多種多様なサプリメントがドラッグストアやインターネットなどで売られていますし、種類にもよりますがほとんどは私たちの手の届きやすい価格で販売されています。

ちょっと肌の調子が悪いな、とか、疲れ気味かな…と思ったときに、気軽に買って飲める、いわば「食べ物とお薬の中間」のような位置づけで、サプリはとても便利に使われていると思います。また、自分で種類を選択出来て、開始するのも中止するのも、自分の気分次第、という自由さは一つの大きな魅力ではないでしょうか。

サプリをニキビ治療に用いるデメリットは?

よく言われるように、サプリは医薬品ではないことから、私たちの中に何となく安全な、気軽に服用してよいようなイメージがあります。ただ実は、必ずしもそうではありません。

例えば、サプリの中でもビタミン剤はごく一般的に服用されていますが、中でもビタミンAは摂り過ぎると特に妊婦さんには悪影響を及ぼす可能性があることが知られています。
含まれる栄養素によっては、余分に摂りすぎても自然と身体が排泄してくれるものもありますが、そうでない栄養素も多いので、十分な注意が必要です。

また、サプリメントの重量の多くは、大きく表示されている有効成分ではなく、添加物などが占めています。ですので、自分の身体に摂りいれる前に何が含まれているのか、自分自身がアレルギーがある成分や身体に取り込みたくない成分はないか、購入前にしっかりチェックすることが大切ですね。

shutterstock_330845978

【医師監修】東京アクネクリニック 朝本院長

まとめ

サプリでニキビ改善したいなと思っても、栄養素の多くは食べ物からも同時に身体に摂りこまれるものであることから、自分の体に何がどのくらい足りていないのか正確に把握することはなかなか難しいことです。
例えば血清鉄など病院で検査できるものはサプリ服用前に血液検査をするなど、身体に取り込むものですから慎重に選ぶとよいでしょう。

サプリのみでニキビを改善するということではなく、あくまで補助として賢く利用するのが理想的ですね。

東京アクネクリニック:何度も繰り返すニキビ、原因は皮脂腺にありました。

ニキビのお悩みQ&A

ニキビの症状は人によって様々。ここでは多くニキビに悩む方のQ&Aを集めました。

病院でのニキビ治療をお考えの方

施術によるニキビ治療をお考えの方は、直接医師にご相談ください。

東京アクネクリニック:あなたのニキビはどの状態?放っておくと、取り返しのつかないニキビ跡に!?今すぐチェック!
pagetop