口周り・唇付近にできるニキビの原因と対策について

口周り・唇付近にできるニキビイメージ

口周り・唇付近のニキビは体の不調が原因?予防に必要なケアとは

口周りや唇付近にニキビができていると、人に見られたくなくてマスクや手などで隠してしまう人も少なくないはずです。
口元のニキビは目立つだけではく、痛みを伴うこともありますのでその状態が続くと自分自身のストレスになってしまいます。厄介な口周り・唇付近のニキビをくり返さないために、原因予防法を追求してみましょう。

口周り・唇付近にできるニキビの原因

胃腸機能の低下

口周りや唇付近のニキビは、胃腸が弱っている時にできやすいと言われています。
口元は胃腸と繫がっているため、不調がニキビになって現れるのです。
また、胃に負担をかける薬を頻繁に飲んでいると、口周りや唇付近のニキビの原因になることがあります。

胃に負担をかける薬とは?

胃に負担がかかる薬とは?

風邪薬や解熱鎮痛剤の服用には注意が必要です。「非ステロイド性消炎鎮痛剤」と呼ばれる解熱鎮痛剤は、頭痛などの痛みのもととなる「プロスタグランジン」を生成させないようにする物質が含まれています。
しかし、プロスタグランジンには胃腸を保護する働きがあるため、風邪薬や解熱鎮痛剤の服用により胃粘液の合成力の低下や胃粘膜の弱体化に繋がります。

空腹時の薬服用は避ける

空腹時に薬を服用すると、胃が荒れて口周りや唇付近にニキビができやすくなります。
これは、胃が服用した薬を食べ物だと認識して過剰に胃酸を分泌させて胃粘膜を荒らしてしまうことが原因とされています。

カミソリによる刺激

口元のムダ毛やひげを頻繁に処理する人は、その際の刺激が口周りのニキビを引き起こすことがあります。
特に切れ味の悪いカミソリを使用している人は要注意。上手く剃れないせいで肌を傷つけ、結果的にニキビを招いてしまいます。

そうならないためにカミソリを使用している方は、切れ味の良いものを使用する、複数回剃らずに1度で剃り切る、
深剃りをやめる
ことで肌へのダメージを軽減する。などの工夫が必要です。
また、髭剃りのあと傷ついた肌を保護するために化粧水や乳液などでケアしてあげると良いでしょう。

アクネクリニックのおすすめ
スキンケア商品はこちら

口周りや唇付近にニキビができるときの体の不調とは?

上記でもお伝えした通り、口周りや唇付近のニキビがくり返しできる場合は、胃腸の不調が疑われます。
食生活が乱れている時だけではなく、ストレスを抱えているときも胃腸に負担をかけやすいため、注意が必要です。
また、ホルモンバランスの乱れや免疫力の低下も、口周りや唇付近のニキビの原因になります。口元にニキビが頻繁にできるときは、体が弱っているサインだと考えた方がいいでしょう。

口周り・唇付近ニキビの予防法

暴飲暴食を避ける

口周りや唇付近のニキビを防ぐためには、胃腸に負担をかけないことが大切です。暴飲暴食は避けて、バランスの良い食事を1日3回、規則正しく食べるようにしましょう。
冷たい飲み物や食事を避けて、温かいものを食べるようにすることもニキビの予防につながります。

肌に優しいムダ毛処理を行う

口周りの皮膚はデリケートなため、産毛や髭を剃る時は最新の注意が必要です。
切れ味の良いカミソリを使用するか、肌に直接刃が触れない電気シェーバーを使用して、肌を傷つけないようにしましょう。
また、処理後はきちんと保湿をしてニキビができにくい肌に整えてくださいね。

口周りのニキビは体からのSOSサイン

口周りや唇付近のニキビは、体からのSOSかもしれません。 もしニキビができてしまったときは、胃腸に負担をかけるような食事や薬を摂取していないか、ストレスを抱えていないか、 改めて見直してみましょう。自分の体をいたわる事で美しい口元を取り戻せます。

口周りのニキビは日々の生活が原因になって発生します。あなたの生活習慣は正しいでしょうか?

口周りニキビ セルフチェックはこちら

3個以上当てはまった人は、
口周りや唇にニキビがで
きやすい生活習慣になっています。

ニキビは放置すると、
色素沈着やニキビ跡に
悪化する可能性があるため
早めのカウンセリング・治療で
対策しましょう。

詳しく見る

この記事のまとめ

slide1
slide2
slide3
slide4
slide5

ニキビの部位ごとの原因

ニキビの部位ごとの原因と対策について