口周り・唇付近にできるニキビの原因とは?

口周り・唇付近にできるニキビイメージ

口周り・唇付近のニキビは体の不調が原因? 予防に必要なケアとは

口周りや唇付近にニキビができていると、人に見られたくなくてマスクや手などで隠してしまう方も少なくないはずです。しかしそれが続くと、自分自身のストレスになってしまうもの。しかも口元にできるニキビは目立つだけでなく、痛みをともなうこともあります。厄介な口周り・唇付近のニキビをくり返さないために、原因と予防方法を追求してみましょう。

口周り・唇付近にできるニキビの原因

胃腸機能の低下

口周りや唇付近のニキビは、胃腸が弱っているときにできやすいといわれています。口元は胃腸とつながっているため、不調がニキビとなって現れるのです。また、頭痛薬や鎮痛剤など、胃に負担をかける薬を頻繁に飲んでいると、口周りや唇付近のニキビの原因になることがあります。

カミソリによる刺激

口元のムダ毛や髭を頻繁に処理している人は、その際の刺激が口周りのニキビを引き起こすことがあります。特に切れ味の悪いカミソリを使っている人は要注意。上手く剃れないせいで肌を傷つけ、結果的にニキビを招いてしまいます。

口周りや唇付近にニキビができるときの体の不調とは?

上でもお伝えした通り、口周りや唇付近のニキビがくり返しできる場合は、胃腸の不調が疑われます。食生活が乱れているときだけでなく、ストレスを抱えているときも胃腸に負担をかけやすいため、注意が必要です。
また、ホルモンバランスの乱れや免疫力の低下も、口周りや唇付近のニキビの原因になります。口元にニキビが頻繁にできるときは、体が弱っているサインだと考えたほうが良いでしょう。

口周り・唇付近ニキビの予防法

暴飲暴食を避ける

口周りや唇付近のニキビを防ぐためには、胃腸に負担をかけないことが大切です。暴飲暴食は避けて、バランスの良い食事を1日3回、規則正しく食べるようにしましょう。冷たい飲み物や食事を避けて、温かいものを食べるようにすることも、ニキビの予防につながります。

肌に優しいムダ毛処理を行う

口周りの皮膚はデリケートですから、産毛や髭を剃るときは細心の注意が必要です。切れ味の良いカミソリを使用するか、肌に直接刃が触れない電気シェーバーを使用して、肌を傷つけないようにしましょう。また、処理後はきちんと保湿をして、ニキビができにくい肌に整えてくださいね。

口周りや唇付近のニキビは、体からのSOSかもしれません。もしニキビができてしまったときは、胃腸に負担をかけるような食事をしていないか、ストレスを抱えていないか、見直してみましょう。自分の体をいたわることで、美しい口元を取り戻せるはずですよ。

症例当院で行っているニキビ治療の症例写真をご紹介します。

  • 症例1(治療前)
  • 症例1(治療後)
  • 症例2(治療前)
  • 症例2(治療後)
  • 症例3(治療前)
  • 症例3(治療後)
  • 症例4(治療前)
  • 症例4(治療後)
  • 症例5(治療前)
  • 症例5(治療後)
  • 症例6(治療前)
  • 症例6(治療後)
  • 症例7(治療前)
  • 症例7(治療後)
症例を全て見る